筋トレやオナニーで髭が濃くなる!?髭と男性ホルモンの関係性とは

筋トレやオナニーで髭が濃くなる!?髭と男性ホルモンの関係性とは

SHARE

筋トレやオナニーで髭が濃くなる!?髭と男性ホルモンの関係性とは

髭が濃いことに悩みネットで調べていると、「筋トレやオナニーにより髭が濃くなる」と書いてあるのを見たことはないでしょうか?

定期的に筋トレをしてきたり、ほぼ毎日のようにオナニーをしてきた方にとっては、かなりガッカリする内容ですよね。

でも、なぜ筋トレやオナニーで髭が濃くなるなんてことが起きるのでしょうか?

今回は、髭の濃さと男性ホルモンの関係、筋トレやオナニーとの関係性について解説していきます。

男性ホルモンには髭を濃くする役割がある

年代別テストステロンの分泌レベル

出典:性と生殖 パートII:男性ホルモンの分泌と精子の産生

男性ホルモンである「テストステロン」には、髭を濃くする役割があります。

あなたの髭が濃くなってきたのはいつ頃からでしょうか?

多くの人は、きっと思春期を迎えたくらいから濃くなってきたはずです。

それは、上の画像のように、男性ホルモンは思春期に非常に多く分泌されるからなんです。

テストステロンの分泌量が多くなるとともに、髭も濃くなっていくというわけですね。

ただもちろん髭を濃くするだけのホルモンではなく、生殖機能の発達を促したり、男性らしい骨格や考え方などを形成するなど、男性が成長していく上で欠かせないホルモンなのです。

髭は性毛の為男性ホルモンの影響を受けやすい

髭は性毛の為男性ホルモンの影響を受けやすい

人の体毛は、大きく分類すると「性毛」「無性毛」の2つに分けることができます。

それぞれの違いを簡単に解説すると、以下のようになります。

性毛とは
男性ホルモンの影響を受けやすい毛のこと。
無性毛とは
男性ホルモンの影響を受けにくく、個人差があまりない毛のこと。

詳しくは下の記事で解説していますが、髭は性毛に分類されるので、男性ホルモンの影響を非常に受けやすい毛の一つとなります。

髭の役割は『アゴの保護』ではない?男性だけ髭が生える理由
髭の役割は『アゴの保護』ではない?男性だけ髭が生える理由

そのため、髭は思春期以降急に濃くなってくるのです。

筋トレやオナニーで髭が濃くなるのは半分本当で半分嘘!

筋トレやオナニーで髭が濃くなるのは半分本当で半分嘘!

ここまで髭と男性ホルモンの関係性について解説してきましたが、実は筋トレやオナニーで髭が濃くなると言われているのも、この男性ホルモンが密接に関わっているからなんです。

では、それぞれの行為が男性ホルモンにどのような変化をもたらすのか、見ていきましょう。

筋トレはテストステロンを消費することで分泌を促す

男を磨くためには、筋トレは必須ですよね。

適度な運動は健康に良いため、会社帰りにジムに通っている方も多いでしょう。

そんな筋トレは、実は男性ホルモンを活発にするどころか、男性ホルモンを消費してしまいます。

筋トレをすると、血中の男性ホルモンを多く消費するため、筋トレ直後の男性ホルモンの値は、筋トレ前に比べて落ちているのです。

それなのに、なぜ筋トレをすると髭が濃くなると言われているのでしょうか?

それは、筋トレ後の休憩時に、男性ホルモンが多く分泌されるためです。

何もしなかった時に比べて、筋トレをした後は体を回復させようと、より多くの男性ホルモンが分泌されます。

その結果として、筋トレをすると男性ホルモンが活発になるのです。

ただそれは適度な筋トレと、回復するまでの間隔を空けた場合の話です。

回復時間のない過剰な筋トレでは、男性ホルモンは回復できず、下の画像のように男性ホルモンが失われていく一方です。

マラソン時のテストステロン値

出典:男性ホルモンが増えるスポーツ、減るスポーツ

そのため、相当意識して適度な運動を心がけている人以外は、筋トレで男性ホルモンが増加することを、あまり気にする必要がないと言えそうです。

つまり、筋トレをすることで髭が濃くなるというのは、半分本当で半分嘘ということになります。

オナニーによるテストステロン値の上昇は一時的なもの

オナニーとは、ご存知だとは思いますが、何らかの手段で自ら性的快感を得る自慰行為のことです。

多くの方が思春期の頃に覚え、その快楽度の高さから毎日のようにしている方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、オナニーをすると男性ホルモンが増加するのは間違いありません。

下の図は、泌尿器科専門医がオナニー前から射精後までの男性ホルモン(テストステロン)値を計測したグラフです。

図の下ある項目の意味は、Pre(勃起前)・election(勃起後)・climax(射精直前)・ejaculation(射精中)・after(射精5分後)となります。

テストステロンとオナニーの関係

出典:オナニー中のホルモン変動 オナニーの間にホルモンはダイナミックに変動している!?

平常時(勃起前)に比べ、興奮するにつれテストステロン値がぐんぐん上昇しているのが分かりますよね。

これがオナニーが髭を濃くすると言われている理由です。

しかし、グラフを見て気づいた方もいると思いますが、射精してから5分後には、ほぼ平常時と変わらないくらいまでテストステロンの値が下がっているのです。

つまり、オナニーによる男性ホルモンの増加は一過性のものであり、オナニーをたくさんすればどんどん男性ホルモンが増加する訳ではないということです。

よって、オナニーをすることで髭が濃くなるというのも、半分本当で半分嘘の話なのです。

筋トレもオナニーも適切な範囲で継続した方が良い

筋トレもオナニーも適切な範囲で継続した方が良い

筋トレもオナニーも、確かに男性ホルモンの増加は見られましたが、ある一定の条件の話でしたよね。

どちらも、髭が濃くなることに深く関係しているとは言えません。

髭が濃くなるのが嫌で筋トレもオナニーも一切辞めてしまう方がいますが、その必要はないわけです。

むしろ、辞めてしまうことで不健康になってしまう恐れすらあります。

それぞれの行為のメリットをまとめたものが以下です。

筋トレのメリット
  • うつ症状を改善する
  • 睡眠の質を上げる
  • 肥満を防止する
  • 血圧・血糖値を下げる
  • 女性から見て魅力的な体格になる
  • 全てのことにやる気・自信がつく
  • 脳の働きが良くなる
オナニーのメリット
  • 前立腺がんの予防になる
  • 加齢による筋力の低下を防ぎ、EDや早漏を予防する
  • 免疫力を上げる
  • リラックス効果があり、ストレスの発散になる

意外とたくさんのメリットがありますよね。

もちろんどちらも過剰な行為は良くありませんが、適度にする分には病気を予防し、健康を維持することができるのです。

髭の濃さを気にするあまり、行為を完全に辞めてしまうのは良くないのですね。

男性は男性らしくあるべき!髭が濃いなら脱毛がオススメ!

男性は男性らしくあるべき!髭が濃いなら脱毛がオススメ!

筋トレもオナニーも、髭が濃くなることにそんなに深く関わっているわけではなく、行為をすることで得られるメリットも多いことから、適度に継続した方が良いという結論に至りました。

その他にも食事、睡眠、ストレスなど男性ホルモンの影響するものはたくさんありますが、最適化したところで髭に表れる効果は微々たるものでしょう。

何より、男性ホルモンの分泌を抑制することで、男性の活力や体格、考え方など男性らしさまで失われ、男性としての魅力を失うことにもなってしまいます。

そのため、私は髭を薄くするのには、男性ホルモンを抑制するのではなく、他の対策を取ることが重要だと考えています。

そこでオススメしたいのが、脱毛です。

脱毛なら男性ホルモンの増減に関わらず、効率的に髭を薄くすることができるため、男性らしさと程よい髭を両立することができます。

筋トレやオナニーなど、男性ホルモンのことを一切気にする必要が無いのです!!

現代は年齢に関係なく多くの男性が脱毛をしているので、あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか?

無料カウンセリング実施中の髭脱毛クリニック&サロンのランキングはこちら

髭脱毛はココだ!おすすめクリニック&サロン比較ランキングトップ10
髭脱毛はココだ!おすすめクリニック&サロン比較ランキングトップ10