あなたに合うクリニック・サロンが1分で分かる!簡単診断チャート公開中!!

髭が青いのが気になる男性必見!青髭対策のオススメ方法5つ

多くの男性が気にしている青髭
髭が青いように見えてしまうことから、口元が悪目立ちしてコンプレックスになってしまう方も多いでしょう。
何かいい対策法はないのでしょうか?

今回は、そんな髭が青いことを気にしてしまう方のために、
青髭の対策方法を5つ解説していきます。

自分に合った方法があれば実践してみて、青髭を改善していきましょう。

髭が青く見える理由は?

髭は体毛の中でも太く、濃い性質を持っていると言われています。
太くて濃いため、肌から透けて見えて青髭となって見えるのです。

剃れば髭も見えなくなるのではと考える方もいますが、
髭は4~5cmほどの深さまで生えるので、剃るだけでは青髭はなくなりません。

むしろ剃ることで、薄っすら肌から透けて青いように見えるのです。

青髭になる原因は?

髭は太く、濃い性質を持っていることがわかりました。
さらに日常の生活においてある原因で、青髭に見えてしまうことがあるといいます。

なぜ髭が青い状態になるのか、原因を解説します。

男性ホルモンによる影響

男性ホルモンが多いと青い髭の原因になることもあると言われています。

男性ホルモンが毛乳頭付近にある5αリダクターゼという酵素と結びつき、毛乳頭が活性化され髭が生えます。

この結びつきが大きいほど、青い髭は生えると言われているので、
男性ホルモンの分泌が青髭の大きな原因になっているのです。

ホルモンのバランスは、日常の食生活や生活習慣によって乱れることがあります。
バランスが崩れると、さらに酵素との結びつきが大きくなり、青髭が増える結果に繋がります。

青い髭を増やしたくないのであれば、生活態度は一度見直した方がいいかもしれません。

髭処理の仕方に問題がある

青い髭が発生する要因には、日ごろの髭の手入れの仕方に問題がある可能性があります。
例えば、髭を抜いてしまえば毛がなくなって見えなくなりますが、実は毛根は残って、中で埋没毛として成長してしまうこともあるのです。

そうなると皮膚から透けた髭が青く見えてしまい、ずっとそのまま治せないことも考えられます。

髭の埋没毛(埋もれ毛)の原因は3つ!5つの治し方と予防対策方法とは髭の埋没毛(埋もれ毛)の原因は3つ!5つの治し方と予防対策方法とは

他にも髭が濃いのが嫌で、深剃りをしてしまうのも問題です。
深剃りをすると、肌の表面も傷つける恐れがあり、肌荒れの原因になってしまいます。

肌を傷つけると、肌を守ろうと髭は大きく強く成長してしまいます。
それが青い髭の原因になることもあるので、髭の処理には気を付ける必要があります。

青髭の男性が実践すべき5つの対策

見た目にも髭が青いのは目立ってしまうことが多いでしょう。
何とか対策を打ちたいけど、どうしたらいいのでしょうか?

日常的に使える青髭対策を5つほど紹介していきます。

1.髭剃りの方法を考える

髭を剃る時に正しい方法で行わないと、青髭は悪化していくばかりです。
剃るタイミングや道具を工夫して、青髭にならないように工夫してみましょう。

まず髭を剃るタイミングは、朝が好ましいです。
夜にお風呂で剃る方も多いですが、夜は髭が伸びやすい時間帯なので、
剃るのであれば、朝がいいでしょう。

髭剃りで使う道具は、電気シェーバーよりもT字カミソリがおすすめです。
電気シェーバーでは綺麗に剃るのが難しく、中途半端に髭が残ってしまいます。

しっかり髭を剃るのであれば、T字カミソリの方がいいです。
しかし、深剃りすると肌に刺激をかけてしまう結果に繋がるので、
3枚刃〜5枚刃の刃の数が多いものを使用したり、加減して剃る必要があります。

2.日焼けをする

青い髭に見えるのは、肌が透けて中の髭が見えるから起こる現象です。
そのため少々強引な方法ではありますが、日焼けをして肌を黒に近づければ自然と青髭が目立たなくなります

日焼けをすれば、自然と髭の心配をする必要がないので、手入れも苦労しません。
しかし、日光を浴びすぎるとシワやシミの原因になるので注意が必要です。

日焼けサロンであれば、顔だけの日焼けも可能です。
お店によって金額は違いますが、20分程度で2,000円~3,000円ほど受けられます。

3.メンズコンシーラーで隠す

青髭対策で、男性用のコンシーラーが販売されているのをご存知でしょうか?

コンシーラーは部分用ファンデーションとも呼ばれており、肌の隠したい部分を綺麗にカバーしてくれます。

気になったときにサッと取り出せる携帯性の良さと、超簡単に使えることで、一部の男性の間では人気となっています。

今すぐ青髭対策!男性用コンシーラーおすすめランキングトップ10!今すぐ青髭対策!メンズコンシーラーおすすめランキングトップ10!

4.抑毛ローションを使う

主な成分は豆乳やパイナップルなどが使用されていて、安全に毛を細くする役割があります。

抑毛ローションを使うと、毛を細くして生成するのを抑えてくれます。
いきなり青髭を治すことはできませんが、ゆっくり時間をかければ青い髭が目立たなくなります。

使用することで生じる痛みはなく、肌が綺麗になる成分が多く含まれています。
しかし、使用をやめてしまうと元の状態に戻ってしまうので、
青い髭を抑えるのであれば、継続して使用することが重要です。

当サイトオススメの抑毛ローションランキングを見てみる

髭を薄くするならコレがおすすめ!抑毛ローションランキングTOP10!

5.脱毛する

青髭の改善には、脱毛が非常に有効な手段です。

脱毛と言っても脱毛サロン・エステ、家庭用脱毛器、脱毛ワックス、医療脱毛など種類がありますが、当サイトでオススメしているのは、最後の医療脱毛になります。

なぜなら、医療脱毛クリニックは医療機関のため、何かトラブルがあった際も安心だからです。

脱毛サロンや家庭用脱毛器では、火傷や肌荒れなどトラブルがあった場合膚科へ通院しなければなりません。
※脱毛ワックスについては、訳あって下でご説明します。

しかし脱毛クリニックでは、その場での医療処置、薬の処方が可能になります。
しかも、その処置代やお薬代は無料という超良心的なクリニックが増えているので、安心して通うことができますよね^ ^

また、医療機関ではサロンや自宅での脱毛と違い永久脱毛が可能になります。

永久脱毛というと髭をツルツルにしてしまうイメージですが、最近の技術では髭を少しだけ薄くしたりデザインしたりと、自由自在です。

その脱毛さえ完了してしまえば、自分の思い通りの髭が何年経過しても維持できるというのが、医療脱毛クリニックの魅力ですね。

まとめると、青髭の脱毛をする場合は、永久脱毛可能で安心な脱毛クリニックの利用がオススメになります。

髭の医療脱毛を様々な面から徹底比較したランキングはこちら

髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!

青髭対策で絶対にしてはいけない超危険な誤った対策方法

上で青髭の対策方法を見て来ましたが、調べると他のサイトには別の方法も掲載されていることがあります。

しかし、当サイトではあえて掲載していません。

それは、誤った対策方法であるからです。

失敗する前に、確認しておきましょう。

除毛クリーム

除毛クリームとは、アルカリ性の薬剤が主成分のクリームです。
このアルカリ性の性質を利用し、毛を構成するケラチンと呼ばれるたんぱく質を溶かすことができます。

しかし、毛を溶かすほどの成分が、肌の弱い顔に良いはずがありません。

肌を構成するタンパク質には反応しないようにはなっているようですが、刺激は強く顔以外の使用でもかゆみや腫れを引き起こしてしまう方が多いようです。

それを顔に使用してしまったら…と思うと、恐ろしいですよね^ ^;

それに、除毛クリームはカミソリ同様皮膚の表面に出ている毛の処理しかできません。
毛を抜く脱毛とは違い、イメージとしては表面に出ている毛がちぎれるような感じです。

つまり、皮膚の下にある髭が透けることで起きてしまう青髭には、なんの改善にもならないということです。

顔には大事な部位が集まっており、目や口に除毛クリームが入ってしまっても大変です。

除毛クリームは、顔周りには絶対に使用しないように注意しましょう。

脱毛ワックス

脱毛ワックスは上の除毛クリームとは違い、除毛ではなく脱毛が可能になるワックスです。

除毛と脱毛の違いはこちらの記事で詳しく解説しています▼▼▼

ムダ毛の処理法の違いがわからず悩む男性髭は脱毛がオススメ!脱毛と除毛と抑毛と剃毛の違いとメリット&デメリット

ハチミツやカラメルが主成分とされていて、自分でも簡単に作ることができるほど害のないものになります。

しかし、脱毛ワックスの問題点は、ワックスに毛を絡めて無理やり引き剥がす脱毛方法になります。

イメージとしては、強力なガムテープを髭のある部位に貼り、勢いをつけて剥がすような感じです。

どうでしょう?想像するだけでも痛いですよね笑

痛いだけなら我慢すればどうにかなる話ですが、痛みを伴うということは当然ですが皮膚に刺激を与えていることになります。

毛を無理やり引き抜く行為に加え、肌にも負担をかけてしまう分毛抜きでの処理よりもトラブルのリスクが高まってしまいます。

脱毛ワックスはすね毛や腕など比較的皮膚の強い部分に利用するものなので、顔には絶対に利用しないようにしましょう。

普段の生活で気をつけたいこと

青髭になる原因では、男性ホルモンが関係していることもご説明しました。
うまく男性ホルモンが抑えられれば、青髭対策にもなります。

上にあげた青髭の対策は、ベースとなる普段の生活も重要と言えます。

そこで、男性ホルモンを抑えるための普段の生活で気をつけたいことを簡単にご紹介します。

ストレスを溜め込まない

休みの日は運動したり、
ストレッチをしたり
と気分転換になることを実践していきましょう。

ストレスはホルモンバランスを崩す原因になります。
うまく発散して、男性ホルモンの増加を防ぎましょう。

食生活を整える

大豆類に含まれているイソフラボンは、男性ホルモンを抑制する働きがあります。
不規則な食事は、ホルモンバランスを崩してしまうので、
バランスのいい食事をしましょう。

特に魚のたんぱく質は良質なので、肉よりも魚中心の食生活に切り替えましょう。

睡眠をしっかり取る

寝不足はホルモンバランスを崩すきっかけになります。
できるなら22時までに就寝するように心がけましょう。

良質な睡眠はホルモンバランスを整えてくれて、疲労感も取ってくれます。
早めに布団に入って体を休めましょう。

まとめ

どうしても見た目が良くない青い髭…。
剃っても剃っても残ってしまう青髭は、やはりみなさん気になるんですよね^ ^;

髭の濃さには日ごろの生活習慣や男性ホルモンが関係してくるため、毎日の過ごし方には十分注意することが大切です。

ただそれだけでは目に見えるような改善はできないことが多いので、今回ご紹介した5つの対策が有効な手段になります。
自分に合った方法を見つけ出し、ぜひ実践してみてください。

あなたに合うクリニック・サロンが1分で分かる!簡単診断チャート 記事が少しでも良いと思ったら、下のボタンをポチッと押して、ツルスベ髭男爵を応援してくださると嬉しいです^ ^
にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ