あなたに合うクリニック・サロンが1分で分かる!簡単診断チャート公開中!!

髭の脱毛は4種類!【光・医療レーザー・ニードル・家庭用脱毛器の違い】とは

髭の脱毛は4種類!【光・医療レーザー・ニードル・家庭用脱毛器の違い】とは

髭の脱毛を決心したものの、種類が豊富で一体どの脱毛方法を選べば良いのか分からないなんて経験はありませんか?

今回はそんなあなたのために、光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛・家庭用脱毛器の4種類について、それぞれのメリットとデメリット・違いなどをわかりやすく比較しました。

髭の脱毛は全部で4種類!一目でわかる比較表

髭の濃い男性

まずはそれぞれの脱毛法の特徴を、簡単に表にまとめたので、ご覧ください!

一番左の比較項目の青くなっているものは、より詳しい内容の書かれた記事へジャンプできます。
興味のある方は読んでみてください^ ^

オレンジになっている部分は、他の脱毛方法と比べて優れている点です。

※表は横にスクロールできます。

光脱毛
(フラッシュ脱毛)
医療レーザー脱毛ニードル脱毛
(針脱毛)
家庭用脱毛器
脱毛方法フラッシュ医療レーザー電気針フラッシュ
レーザー
サーミコン
永久脱毛
効果の即効性
施術場所脱毛サロン医療脱毛クリニック
美容皮膚科
医療脱毛クリニック
美容皮膚科
一部脱毛サロン
自宅
ツルツルまでの
料金相場
約50万円約20万円約135万円約5万円
所要期間1年半〜4年10ヶ月〜3年10ヶ月から10年7ヶ月から20ヶ月
施術回数18回〜25回5回〜15回5回〜40回20回〜40回
施術間隔1〜2ヶ月2〜3ヶ月2〜3ヶ月10日〜2週間
施術時間15分15分15分〜1時間15分
痛みあまり痛くない痛い超痛いあまり痛くない
麻酔無し有り有り
(医療機関での施術に限る)
無し
日焼け肌施術不可
(機種によっては可)
施術不可
(機種によっては可)
可能フラッシュ式と
レーザー式は不可
店舗数・院数とても多い主要都市に多い少ない
デザイン髭

こうして比較してみると、どの脱毛方法も優れている点と、劣っている点があるのが分かりますね。

自分にはどの脱毛方法が合っているのか知るためには、もう少し詳しい特徴を知る必要があります。

そこで、脱毛方法ごとにメリットとデメリット、オススメな人までまとめたので、一緒に見ていきましょう!

下のボタンから、各脱毛方法の解説までジャンプできます。

光(フラッシュ)脱毛の特徴

光(フラッシュ)脱毛の特徴

光脱毛は、肌に光を照射することで、毛の育成を補助する「毛乳頭」を弱らせ、髭を薄くすることができる脱毛方法です。

脱毛サロンで扱われ、特に若い世代に人気のある脱毛方法です。

ではメリットとデメリット、オススメな人を見ていきましょう。

光(フラッシュ)脱毛のメリット5つ

光脱毛のメリットは、以下の5つが挙げられます。

光(フラッシュ)脱毛のメリット
  • 比較的刺激が弱く、痛みが小さい
  • 施術後の赤みや腫れがほとんどなく、翌日の仕事やデートもへっちゃら
  • 短期間での利用であれば費用が少ない
  • 1回の施術時間が短いのでスケジュールを組みやすい
  • 全国にたくさんの店舗があり、通いやすい

比較的刺激が弱く、痛みが小さい

光脱毛は、永久脱毛ができる脱毛方法ではありません。

あくまで毛を弱らせ、薄くしたり細くしたりすることが目標なので、照射する光のパワーもレーザーほど強くありません。

そのため、痛みを感じることも少なく、スムーズな脱毛が可能となっています。

サロンで行われるので麻酔は無いですが、麻酔を必要としないくらい痛みが弱いので、痛みに敏感な方でも安心して施術を受けることができるでしょう。

施術後の赤みや腫れがほとんどなく、翌日の仕事やデートもへっちゃら

上で解説した通り光脱毛は照射パワーが弱いので、痛みだけでなく施術後の赤みや腫れもほとんど表れません。

もし翌日に仕事やデートが控えていたとしても、しっかりとクーリングしておけば、いつもと変わらない状態で臨むことができるでしょう。

短期間での利用であれば費用が少ない

記事の最初にご覧いただいた表に記載されている料金相場は、髭の脱毛が完了するまでのトータルの費用相場になります。

あれだけ見ると少し高く見えてしまいますが、1回1回の施術は5,000円前後と、他の脱毛法に比べてリーズナブルな金額になります。

医療脱毛の費用をバイト代などから捻出するのは厳しいと思いますが、月に5,000円程度なら、学生でも始めやすいですよね。

1回の施術時間が短いのでスケジュールを組みやすい

1回の施術時間は、だいたい10分から15分程度となります。

受付から退店まで含めても、30分程度見ておけば問題ないでしょう。

施術に1時間以上かかるようなものは、その他の予定が立てづらくなってしまいますが、30分程度ならその心配も無用でしょう。

全国にたくさんの店舗があり、通いやすい

光脱毛を行なっているサロンは、医療レーザー脱毛やニードル脱毛を行っているところに比べ、圧倒的に店舗数が多いです。

チェーン店から個人でやっているところまで、全国どこでもあるので、自宅周辺でも見つけることができ、通いやすいでしょう。

特に脱毛の間隔が1〜2ヶ月と少し短めなので、通いやすいのはありがたいメリットとなります。

光(フラッシュ)脱毛のデメリット5つ

光脱毛には、以下の5つのデメリットが考えられます。

光(フラッシュ)脱毛のデメリット

  • 脱毛効果に即効性がなく、根気強く続ける必要がある
  • どんなに通っても永久脱毛はできない
  • 脱毛状態を維持するためには、定期的にサロンへ通う手間と費用がかかる
  • 日焼け肌の脱毛はできない
  • 白髪や色の薄い髭には効果がない

脱毛効果に即効性がなく、根気強く続ける必要がある

光脱毛は照射パワーが弱いので、数回程度では効果が見られないことも多いでしょう。

そのため特に髭が濃い人は、ツルツルにするまで相当な回数と期間が必要です。

早く青髭を解消したいなど、比較的早く脱毛効果が表れるのを期待している人には、あまり向いていないでしょう。

どんなに通っても永久脱毛はできない

永久脱毛は医療行為であり、基本的には医療機関でしか受けられません。

そのため、脱毛サロンで行われる光脱毛は、どんなに長い期間通っても、永久脱毛効果はありません。

永久脱毛を望んでいるのなら、医療レーザー脱毛かニードル脱毛のどちらかを選択しましょう。

脱毛状態を維持するためには、定期的にサロンに通う手間と費用がかかる

やっとの事で理想の状態になったとしても、脱毛サロンに通うのを辞めてしまえば、髭は元どおりになります。

ツルツルでも適度な薄さでも、その理想の状態を維持するためには、定期的に脱毛サロンに通わなければなりません。

そのサロンに使う手間や時間はもちろん、長く続けると費用もバカにならない金額になってしまうので、もしずっとその状態を続けたいのなら、永久脱毛を検討しましょう。

日焼け肌の脱毛はできない

光脱毛は、光を毛のメラニン色素に反応させて、毛の育成組織である「毛乳頭」へ熱のダメージを与えることで、脱毛効果を得る方法です。

日焼けは肌のメラニン色素が過剰に増殖した状態なので、そのまま光脱毛を受けてしまうと光が肌に集中し、ヤケドを負ってしまう恐れがあります。

そのため、脱毛機の種類にもよりますが、基本的には日焼け肌の脱毛はできないと考えておきましょう。

髭脱毛期間中の日焼けについて詳しく知りたい方はこちら

髭のレーザー脱毛前後に日焼けがNGな理由は?許容目安と対策を解説!髭のレーザー脱毛前後に日焼けがNGな理由は?許容目安と対策を解説!

白髪や色の薄い髭には効果がない

光脱毛は、上でもご説明した通り毛のメラニン色素に反応し、刺激を与える脱毛方法です。

そのため、メラニン色素のない白髪や、色の薄い髭などには、ほとんど効果がありません。

光(フラッシュ)脱毛はこんな人にオススメ!

光脱毛のメリットとデメリットから判断して、オススメできる人は以下のような人になりました!

光(フラッシュ)脱毛がオススメな人
  • 痛みに敏感で、他の脱毛法が受けられない人
  • 将来髭を生やす可能性があり、永久脱毛はしたくない人
  • まだ学生なので、バイト代やお小遣いなど月々少ない費用で脱毛したい人
  • 根気強く続ける自信がある人
  • 脱毛サロンの雰囲気が好きな人

逆に他の脱毛方法の方が向いている人は、以下のような人です。

こんな人は他の脱毛方法がオススメ!
  • 痛みにある程度耐性のある人
  • 長期にわたって脱毛効果が得たい、または永久脱毛がしたい人
  • 資産に少し余裕がある人
  • 短い期間で高い脱毛効果を実感したい人
  • 脱毛サロンの雰囲気が苦手な人

光(フラッシュ)脱毛についての知識を深めたい方はこちら

光脱毛は青髭に効果なし?仕組みとメリット&デメリットを徹底解説!光脱毛は青髭に効果なし?仕組みとメリット&デメリットを徹底解説!

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛は、肌に医療レーザーを照射して、「毛乳頭」「バルジ」といった毛の育成機関を破壊することで、脱毛できる方法です。

近年医療レーザー脱毛の需要はどんどん高まっており、効果が高いことから髭を医療レーザー脱毛する人も増えています。

それでは、医療レーザー脱毛のメリットとデメリット、オススメな人を見ていきましょう。

医療レーザー脱毛のメリット7つ

医療レーザー脱毛には、主に以下の7つのメリットがあります。

医療レーザー脱毛のメリット
  • 1、2年で永久脱毛が完了する
  • デザイン髭を簡単に作ることができる
  • 1回の施術時間が短いのでスケジュールを組みやすい
  • 痛みは強いが、医療機関ならではの徹底したケアと麻酔で和らげられる
  • 肌トラブルなどの際に、その場で医療処置を無料で受けることができる
  • 初回から効果を実感することが多く、モチベーションを維持できる
  • トータルで見たときのコスパが最強!!

1、2年で永久脱毛が完了する

光脱毛では永久脱毛できないとお話ししましたが、医療レーザー脱毛なら永久脱毛することができます。

2〜3ヶ月おきに、平均10回程度通院すれば、それ以降はほとんどの髭が再生しません。

期間で見ると長く見えますが、実際に要する時間は10回通院するとしても、たったの2時間半しかかかりません。

それで毎朝の髭剃りから解放されるのであれば、人生単位でとんでもない時短になりますよね。

デザイン髭を簡単に作ることができる

自分で髭をデザインし、それを維持しようとすると、定期的に整えるのがとても大変です。

しかし、医療レーザー脱毛なら、自分の好きな形の髭にデザインしてもらえます。

髭の密度の調整もできるので、髭にこだわりがある人にもオススメです。

1回の施術時間が短いのでスケジュールを組みやすい

1回の施術時間は、光脱毛と同じくだいたい15分程度です。

こちらも受付から退院まで30分程度見ておけば間違いないので、他のスケジュールが組みやすいと言って良いでしょう。

痛みは強いが、医療機関ならではの徹底したケアと麻酔で和らげられる

医療レーザー脱毛の痛みは、髭の脱毛はどのくらい痛い?7つの心得で痛くない脱毛を目指そう!でご紹介している通りとにかく痛いです。

しかし、医療機関ではクーリングや声かけの徹底、こまめな出力調整、数種類の麻酔など、痛みを和らげるための工夫がたくさんあります。

もちろん痛みが一切なくなるわけではありませんが、痛みは大幅に軽減できることでしょう。

肌トラブルやなどの際に、その場で医療処置を無料で受けることができる

脱毛サロンでは、もしも肌トラブルがあった時に、医療処置をすることはできません。

クーリングをしてもらったり、保湿クリームを出してもらうことはあっても、肌荒れに効く軟膏などの処方は、医療機関でしかできないのです。

脱毛サロンで何かあった際は自分で皮膚科に通う必要がありますが、医療機関の場合処置や薬の処方を無料でやってくれるところもあるので、安心ですよね!

初回から効果を実感することが多く、モチベーションを維持できる

脱毛機の種類にもよりますが、基本的には初回から効果を実感できることが多いです。

その場で抜けるものもあれば、1週間〜10日程度待つと自然に抜けて来るものもありますが、いずれにしても効果の実感は早いです。

なかなか効果が表れないと気が滅入ってきてしまうものですが、そのような心配がなく、モチベーションを高く維持できることでしょう。

トータルで見たときのコスパが最強!!

施術時間、通院回数、期間、費用など様々な面で見て、一番費用対効果が高いのは、医療レーザー脱毛です。

安く、短い期間で永久脱毛するなら、医療レーザー脱毛ほどにコスパの良い脱毛方法はありません。

医療レーザー脱毛のデメリット6つ

医療レーザー脱毛のデメリットは、以下の6つが考えられます。

医療レーザー脱毛のデメリット

  • 短期的には費用が高額になることもある
  • 光脱毛に比べて施術時の痛みが強い
  • 永久脱毛が完了するまでは、定期的にクリニックへ通う手間がかかる
  • 日焼け肌の脱毛はできない
  • 細かい髭デザインはできない
  • 白髪や色の薄い髭の脱毛はできない

短期的には費用が高額になることもある

光脱毛を同じ回数受けるのに比べて、医療レーザー脱毛では費用が高額になります。

一括で支払う場合、費用の負担が気になる場合もあるでしょう。

ただ医療ローンやクレジットカードの分割払いを使えば、1回あたりの費用を安く抑えることもできるので、上手に向き合うことが重要です。

医療ローンについて詳しく知りたい方はこちら

髭の脱毛は医療ローンが便利!審査基準や金利比較・必要なもの等まとめ髭の脱毛は医療ローンが便利!審査基準や金利比較・必要なもの等まとめ

光脱毛に比べて施術時の痛みが強い

医療レーザー脱毛は、痛みがとても強いです。
特に男性の髭は根強く太いので、熱を吸収しやすく、他の部位と比べても痛みが強くなります。

麻酔していても痛いという声も絶えないので、ある程度の痛みへの耐性は必要かもしれません。

【参考】

髭の脱毛はどのくらい痛い?7つの心得で痛くない脱毛を目指そう!髭の脱毛はどのくらい痛い?7つの心得で痛くない脱毛を目指そう!

永久脱毛が完了するまでは、定期的にクリニックへ通う手間がかかる

多くても10回から15回程度ですが、永久脱毛が完了するまでは定期的にクリニックへ通う必要があります。

コース内での通院には追加料金はかかりませんが、2、3ヶ月に一度通院するのも、煩わしく感じる方もいることでしょう。

日焼け肌の脱毛はできない

医療レーザー脱毛は、レーザーを肌に照射し、髭のメラニン色素に反応させて脱毛する方法です。

日焼けをしていた場合、増殖したメラニン色素にレーザー光が集中してしまい、ヤケドのリスクが高まります。

日焼けの程度や脱毛機にもよりますが、基本的には日焼け肌の脱毛は断られるので、覚えておきましょう。

髭脱毛期間中の日焼けについてもう少し詳しく知る

髭のレーザー脱毛前後に日焼けがNGな理由は?許容目安と対策を解説!髭のレーザー脱毛前後に日焼けがNGな理由は?許容目安と対策を解説!

細かい髭デザインはできない

医療レーザー脱毛機の照射口は、丸や長方形など、一度に広範囲の髭へアプローチできるようになっています。

そのため髭の細かいデザインには、あまり向いていないと言えるでしょう。

白髪や色の薄い髭の脱毛はできない

医療レーザー脱毛は、髭をメラニン色素に反応させて脱毛するというお話をしましたね。

ですが、白髪や色の薄い髭にはそのメラニン色素はほとんど含まれていません。

そのため、黒い髭以外にはあまり効果が見られないといって良いでしょう。

医療レーザー脱毛はこんな人にオススメ!

医療レーザー脱毛のメリットとデメリットを見てきて、私がぜひオススメしたいのは以下のような人です!

医療レーザー脱毛がオススメな人
  • 髭を適度な薄さに、またはツルツルに永久脱毛し、その状態をキープしたい人
  • なるべく短い期間で、安く永久脱毛がしたい人
  • 脱毛サロンや自宅での処理時の肌トラブルが不安な人
  • 痛みにある程度耐性のある人
  • 自分で行う髭デザインに限界を感じた人
  • 脱毛サロンの雰囲気が苦手な人

逆に他の脱毛方法の方が向いている人は、以下のような人です。

こんな人は他の脱毛方法がオススメ!
  • 将来的に髭を生やす可能性があり、永久脱毛はしたくない人
  • じっくり時間をかけてもいいから、痛みを感じたくない人
  • 予算が足りない人
  • 細部まで髭のデザインにこだわりたい人

医療レーザー脱毛についてもっと詳しく知りたい方はこちら

メンズの髭には医療レーザー脱毛が最適!仕組みや特徴を徹底解説!メンズの髭には医療レーザー脱毛が最適!仕組みや特徴を徹底解説!

ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛の特徴

出典:ビューティースキンクリニック

ニードル脱毛は、毛穴に入るくらいの電気針を用いて、人の手で一本一本処理していく脱毛方法です。

医療レーザー脱毛や光脱毛よりも昔からある脱毛方法で、その脱毛効果は一番高いとされています。

ただ、かなり痛みが強いことでも有名で、最近ではあまり人気のない脱毛方法となっています。

ではニードル脱毛のメリットとデメリット、オススメな人を見て行きましょう。

ニードル脱毛のメリット8つ

ニードル脱毛のメリットは、以下の8つになります。

ニードル脱毛のメリット
  • 1本1本確実な永久脱毛ができる
  • 自分でどのくらいのスピードで脱毛していくか決められる
  • 1本単位での調整ができ、髭のデザインにはとても向いている
  • 痛みはかなり強いが、医療機関ならではの徹底したケアと麻酔で和らげられる
  • 肌トラブルなどの際に、その場で医療処置を無料で受けることができる
  • その場で効果が実感でき、モチベーションを維持できる
  • 日焼け肌でも脱毛することができる
  • 毛色関係なく脱毛することができる

1本1本確実な永久脱毛ができる

ニードル脱毛は、4つの脱毛方法の中で一番脱毛効果が高いと言われています。

人が1本1本丁寧に処理していくので、光脱毛や医療レーザー脱毛で言うところの「打ち漏れ」がなく、確実な永久脱毛が可能です。

自分でどのくらいのスピードで脱毛していくか決められる

ニードル脱毛の料金形態は、「15分でいくら」・「1本でいくら」など時間や本数で決まります。

そのため、その時の体調や都合などによって、施術する本数を調整できるのです。

よって、短期間で終わらせたい人は医療レーザー同様毛周期に従って脱毛し、そうでない人は1回1回の時間を短くすることができ、融通の利く脱毛方法だと言えるでしょう。

1本単位での調整ができ、髭のデザインにはとても向いている

他の脱毛方法では数本まとめて処理されるので、細かいデザインの調整は難しいです。

しかし、1本単位で調整できるニードル脱毛なら、超細かいデザインも難なく完成させられます。

細かいところまでこだわりたい男性には、ニードル脱毛は向いています。

痛みはかなり強いが、医療機関なら徹底したケアと麻酔で和らげられる

ニードル脱毛は、現在絶縁針という針が主流で用いられ、以前に比べると痛みは大幅に軽減されています。

それでも、体験した人は口々に「めちゃくちゃ痛い」と言います。

ただ、医療機関で受けるのであれば、クーリングや声がけ、麻酔などで痛みを和らげることはできるでしょう。

注意
ニードル脱毛は、髭の永久脱毛は本当に一生生えてこない?永久脱毛の定義とはで解説している通り、現在一部の脱毛サロンでも行われています。
そうした場合麻酔の利用はできないので、注意が必要です。

肌トラブルなどの際に、その場で医療処置を無料で受けることができる

もし毛嚢炎や肌荒れ、硬毛化や多毛化などトラブルが起きた際でも、医療機関での施術なら安心です。

無料で軟膏を処方してくれたり、今後の進め方について詳しく説明してくれることでしょう。

ただこちらも、脱毛サロンで行うニードル脱毛の場合、医療処置は受けられないので、注意しましょう。

その場で効果が実感でき、モチベーションを維持できる

ニードル脱毛は、電気針でダメージを与えた髭を、その場でピンセットでつまみ出していきます。

そのため、毎回施術が終わった頃には、綺麗な状態になっているのです。

医療レーザー脱毛は施術してから抜けるまでに、1週間〜10日ほど時間差がありますが、ニードル脱毛はその場で抜けます。

脱毛効果が非常にわかりやすいので、モチベーションを高く維持することができるでしょう。

日焼け肌でも脱毛することができる

ニードル脱毛は光脱毛や医療レーザー脱毛と違い、メラニン色素に反応する施術方法ではありません。

そのため、たとえ日焼け肌であったとしても、問題なく脱毛することができます。

同じように、メラニン色素の塊であるほくろやシミ、入れ墨があったとしても、ニードル脱毛なら脱毛することができるのです。

毛色関係なく脱毛することができる

光脱毛や医療レーザー脱毛は、髭のメラニン色素に反応して熱を毛根に伝えます。

そのため、色の薄い髭や白髪などメラニン色素の濃度が薄い髭は、うまく脱毛することができないのです。

しかし、ニードル脱毛はメラニン色素とは全く関係がないので、白髪であっても問題なく脱毛することができます。

ニードル脱毛のデメリット4つ

ニードル脱毛には、以下の4つのデメリットがあります。

ニードル脱毛のデメリット

  • とにかく痛い
  • 時間や本数からなる料金形態により、ずば抜けて費用が高額になる
  • 1回の施術時間が長い
  • 永久脱毛が完了するまでは、定期的にクリニックへ通う手間がかかる

とにかく痛い

ニードル脱毛は、とにかく痛いです。

麻酔をしていても汗だくになると言うような声も多く、痛みに敏感な方は苦痛な事この上ないでしょう。

時間や本数からなる料金形態により、ずば抜けて費用が高額になる

「15分いくら」・「1本いくら」の料金形態なので、他の脱毛法に比べて費用は桁違いに高額になります。

また、成人男性の髭は2万本から3万本と、かなり個人差があります。

光脱毛や医療レーザー脱毛など、一定の範囲で脱毛していく場合料金は変わりませんが、ニードル脱毛は髭の本数が多ければ多いほど高額になります。

場合によっては100万円以上かかることもあるので、なかなか手が出しづらいですよね。

1回の施術時間が長い

1本1本人の手で脱毛して行くので、1分間に10〜20本程度しか脱毛できません。

施術時間は自分次第ですが、1回を他の脱毛法と同じ施術時間で終わらせようとしたら、100回以上脱毛に通わなければならなくなってしまいます。

よって、必然的に施術時間は長くなる事でしょう。

永久脱毛が完了するまでは、定期的にクリニックへ通う手間がかかる

これも1回の施術時間によりですが、施術時間を短くすればするほど通う回数は増え、1回の時間を長くすれば通う回数は減ります。

ただどんなに減っても最低5回は通う必要があるので、通うのが手間だと感じることもあるでしょう。

ニードル脱毛はこんな人にオススメ!

ニードル脱毛のメリットとデメリットを見てきて、私がぜひオススメしたいのは以下のような人です!

ニードル脱毛がオススメな人
  • 確実に永久脱毛がしたい人
  • 髭デザインの細部までこだわりたい人
  • 脱毛サロンや自宅での処理時の肌トラブルが不安な人
  • 痛みにある程度耐性のある人
  • 日焼けや白髪などの脱毛をしたい人
  • 医療レーザー脱毛で残った髭の仕上げをしたい人

逆に他の脱毛方法の方が向いている人は、以下のような人です。

こんな人は他の脱毛方法がオススメ!
  • 将来的に髭を生やす可能性があり、永久脱毛はしたくない人
  • 強い痛みを感じたくない人
  • 予算が足りない人

ニードル脱毛についてもっと詳しく知りたい方はこちら

ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!

家庭用脱毛器の特徴

家庭用脱毛器の特徴

家庭用脱毛器は、自宅で簡単に脱毛することができる機器です。

フラッシュ式・レーザー式・サーミコン式に分かれていますが、サーミコン式は髭には使用できないため、今回は主にフラッシュ式とレーザー式の2つのことを指しています。

どちらも永久脱毛はできませんが、自宅でできるその利便性から、男性でも多くの方が愛用しています。

それでは、家庭用脱毛器のメリットとデメリット、オススメな人を見てみましょう。

家庭用脱毛器のメリット7つ

家庭用脱毛器には、以下の7つのメリットがあります。

家庭用脱毛器のメリット
  • 照射パワーを自分で調節することができ、痛みが小さい
  • 施術後の赤みや腫れがほとんどない
  • 基本的には脱毛器の本体料金以外に費用はかからない
  • 自宅で脱毛することができる
  • コースの回数のように期限がないため好きなだけ脱毛できる
  • 家族とシェアすることができる
  • 持ち運びが可能なため、長期の出張や旅行の時も脱毛できる

照射パワーを自分で調節することができ、痛みが小さい

家庭用脱毛器は、出力レベルを調整することができます。

多いものだと10段階程度に分かれており、その日の体調や髭の濃さに合わせて、出力を自在に変えることができます。

脱毛サロンやクリニックでは、痛いと言えずに我慢することも多いと思いますが、自分で調整できる家庭用脱毛器なら安心です。

また、元々サロンで扱う脱毛機よりもさらに出力を絞ってあるので、痛みはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

施術後の赤みや腫れがほとんどない

上記の通り、家庭用脱毛器の照射パワーは低めに設定されています。

そのため、施術後の赤みや腫れはほとんどなく、用事を気にすることなく脱毛することができるでしょう。

基本的には脱毛器の本体料金以外に費用はかからない

家庭用脱毛器は、購入した機器を自宅で使用するので、その脱毛器の本体料金以外は基本的にはかかりません。

ただ、フラッシュ式のヘッドには約1万発程度と、寿命があります。
寿命を迎えると光を照射できなくなってしまうので、カートリッジの交換が必要になるのです。

しかし、髭には大体1回40発前後しか使わないので、2週間に1回使用したとしても、約10年持つことになります。

よって、基本的には本体料金以外には費用はかからないものと見て良いでしょう。

自宅で脱毛することができる

家庭用脱毛器の最大のメリットですね。

サロンやクリニックへ通う手間がなく、他の人の目を気にする必要もないので、気軽に脱毛することができますよね。

また、サロンやクリニックでよくありがちな、「予約が取れない」などということもないので、自分のペースで脱毛を進めることができるのです。

コースの回数のように期限がないため好きなだけ脱毛できる

脱毛サロンやクリニックでは、基本的にはコースに回数や期限が設定されていますよね。

そのため、その回数が終わってしまったら、また新しくコースに入り直すか、辞めるかのどちらかの選択肢しかありません。

しかし、家庭用脱毛器なら、回数が決められていないので、カートリッジの交換さえすれば、半永久的に脱毛ができるのです。

家族とシェアすることができる

家族がいる前で、一人で髭の脱毛をするなんて、恥ずかしいですよね。

そういう場合には、家族も巻き込んでしまえば良いのです。

家庭用脱毛器の魅力をなんとなく家族に伝え、家族でシェアできるようになれば、こちらの思惑通りといったところでしょう。

持ち運びが可能なため、長期の出張や旅行の時も脱毛できる

長期出張や旅行の時は、普段通っているサロンやクリニックに通うことができなくなってしまいますよね。

しかし、家庭用脱毛器なら、持ち運びをすることもできます。

長期滞在の際はカミソリの刃を何枚持って行くかなど悩むこともあると思いますが、家庭用脱毛器なら本体さえ持っていけば使うことができるので、気兼ねなく出かけられます。

家庭用脱毛器のデメリット4つ

家庭用脱毛器には、以下の4つのデメリットがあります。

家庭用脱毛器のデメリット

  • 脱毛効果に即効性がなく、根気強く続ける必要がある
  • どんなに回数を重ねても永久脱毛はできない
  • 日焼け肌の脱毛はできない
  • 白髪や色の薄い髭の脱毛はできない

脱毛効果に即効性がなく、根気強く続ける必要がある

家庭用脱毛器は照射パワーが弱いので、脱毛してもその場で髭が抜けてくるわけではありません。

そのため本当に効果がわかりづらく、モチベーションを維持するのが難しいでしょう。

どんなに回数を重ねても永久脱毛はできない

何回脱毛したところで、永久脱毛はできません。

たとえ髭が理想の状態まで脱毛できたとしても、その状態を維持するには、定期的に照射し続ける必要があります。

もし永久脱毛効果を望んでいるのなら、ニードル脱毛か医療レーザー脱毛を選択しましょう。

日焼け肌の脱毛はできない

髭の脱毛ができる家庭用脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式の2つあるというお話をしましたね。

しかし、どちらもメラニン色素に反応して脱毛効果を得る方式なので、メラニン色素が増殖した状態の日焼け肌に使うと、ヤケドしてしまう恐れがあります。

サロンやクリニックのように判断してくれる人がいないので、くれぐれも日焼け肌に使わないようにご注意ください。

白髪や色の薄い髭の脱毛はできない

フラッシュ式もレーザー式も、髭のメラニン色素に反応して刺激を与えます。

そのため、メラニン色素のない白髪や、色の薄い髭には全く効果がないといっても良いでしょう。

家庭用脱毛器はこんな人にオススメ!

家庭用脱毛器のメリットとデメリットを見てきて、私がぜひオススメしたいのは以下のような人です!

家庭用脱毛器がオススメな人
  • 痛みに敏感で、他の脱毛法が受けられない人
  • 将来髭を生やす可能性があり、永久脱毛はしたくない人
  • 自宅で気軽に脱毛がしたい人
  • いつでもどこでも脱毛したい人

逆に他の脱毛方法の方が向いている人は、以下のような人です。

こんな人は他の脱毛方法がオススメ!
  • 長期にわたって脱毛効果が得たい、または永久脱毛がしたい人
  • 短い期間で高い脱毛効果を実感したい人

髭におすすめの家庭用脱毛器ランキングを見てみる

絶対に失敗させない!髭におすすめの家庭用脱毛器ランキングTOP10!絶対に失敗させない!髭におすすめの家庭用脱毛器ランキングTOP10!

髭の光脱毛ができるおすすめサロン3つ

髭の光脱毛ができるおすすめサロン3つ

髭の光脱毛ができる、オススメ脱毛サロンを3つご紹介します。

MEN’S KIREIMO(メンズキレイモ)

MEN'S KIREIMO(メンズキレイモ)

施術方法光脱毛
勧誘無し
店舗数全国1店舗(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛不可
白髪・産毛脱毛不可
美肌効果期待可
デザイン髭可能
BOWZU

BOWZU

施術方法光脱毛
勧誘無し
店舗数全国6店舗(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛不可
白髪・産毛脱毛不可
美肌効果期待可
デザイン髭可能
RINX(リンクス)

RINX(リンクス)

施術方法光脱毛
勧誘無し
店舗数全国44店舗(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛不可
白髪・産毛脱毛不可
美肌効果期待可
デザイン髭可能

髭の医療レーザー脱毛ができるおすすめクリニック3つ

髭の医療レーザー脱毛ができるおすすめクリニック3つ

髭の医療レーザー脱毛ができる、オススメ医療脱毛クリニックを3つご紹介します。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

施術方法医療レーザー脱毛
導入脱毛機5種類(自分で選択可)
メディオスターNext Pro
ジェントルレーズPro
ジェントルヤグ
ライトシェア・デュエット
ライトシェアXC
院数全国13院(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛可(脱毛機により
白髪・産毛脱毛可(脱毛機により
美肌効果期待可(脱毛機により
デザイン髭可能
メンズリゼ

メンズリゼ

施術方法医療レーザー脱毛
導入脱毛機3種類(自分で選択不可)
メディオスターNext Pro
ジェントルヤグ
ライトシェア・デュエット
院数全国19院(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛可(脱毛機により
白髪・産毛脱毛可(脱毛機により
美肌効果期待可(脱毛機により
デザイン髭可能
湘南美容外科クリニック

湘南美容外科外科

施術方法医療レーザー脱毛
導入脱毛機3種類(自分で選択可)
メディオスター
ジェントルレーズ
ウルトラ美肌脱毛
院数全国61院(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛可(脱毛機により
白髪・産毛脱毛可(脱毛機により
美肌効果期待可(脱毛機により
デザイン髭可能

髭のニードル脱毛ができるおすすめクリニック3つ

髭のニードル脱毛ができるおすすめクリニック3つをご紹介します。

MEMO
ニードル脱毛を行うクリニックは展開数が少ないので、下にご紹介するクリニックへは通えない方が多いと思います。
各自、自宅付近でニードル脱毛が受けられるクリニックを探してみてください。
美容皮膚科 川口クリニック

美容皮膚科 川口クリニック

施術方法ニードル脱毛医療レーザー脱毛
導入脱毛機-
院数全国1院(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング3,240円(初診料)
日焼け肌脱毛不可
白髪・産毛脱毛不可
美肌効果期待不可
デザイン髭不明
赤坂クリニック

赤坂クリニック

施術方法ニードル脱毛医療レーザー脱毛
導入脱毛機-
院数全国1院(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛不可
白髪・産毛脱毛不可
美肌効果期待不可
デザイン髭不明
横浜ベイクリニック

横浜ベイクリニック

施術方法ニードル脱毛医療レーザー脱毛
導入脱毛機-
院数全国1院(開業前含む&髭脱毛が可能な所のみカウント)
カウンセリング3,240円(初診料)
日焼け肌脱毛不可
白髪・産毛脱毛不可
美肌効果期待不可
デザイン髭不明
ニードル脱毛ができるサロンについて
ニードル脱毛ができる有名脱毛サロンはいくつかありますが、ニードル脱毛は高い技術を必要とするため、当サイトではあえてサロンをご紹介せず、医療機関のみご紹介しています。詳しくは「永久脱毛は医療行為!サロンでのニードル脱毛は違法?」をご覧ください。

4つの脱毛方法の違いを把握して、自分に最適な脱毛方法を見つけよう!

今回は、光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛・家庭用脱毛器の4つの脱毛方法の違いについてご紹介しました。

それぞれメリット・デメリット両方ありましたよね。

どの脱毛方法が最適なのかは、どんな脱毛がしたいのかによって変わってきます。

予算や期間、痛みや永久脱毛の可否など、まずはその違いをしっかりと把握して、自分に最適な脱毛方法を見つけましょう。

髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!
あなたに合うクリニック・サロンが1分で分かる!簡単診断チャート 記事が少しでも良いと思ったら、下のボタンをポチッと押して、ツルスベ髭男爵を応援してくださると嬉しいです^ ^
にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ