あなたに合うクリニック・サロンが1分で分かる!簡単診断チャート公開中!!

髭のレーザー脱毛前後に日焼けがNGな理由は?許容目安と対策を解説!

髭のレーザー脱毛前後に日焼けがNGな理由は?許容目安と対策を解説!

髭の医療レーザー脱毛前後には日焼けをしてはいけないという話を聞いたことはありませんか?

これから髭の脱毛をする方は、なぜ日焼けをしてはいけないのか、どの程度の日焼けがダメなのか、不安に思うことがたくさんありますよね。

今回はそんなあなたに、髭の医療レーザー脱毛前後に日焼けをしてはいけない理由と、許容される目安、日焼けの対策方法などをご紹介します。

髭の医療レーザー脱毛の仕組みを簡単に解説!

髭の医療レーザー脱毛の仕組みを簡単に解説!

日焼けをしてはいけない理由を知るには、医療レーザー脱毛の仕組みを理解している必要があります。

そこで、髭の医療レーザー脱毛の仕組みを簡単に解説していきます。

もう十分に理解しているから解説はいらないよ!って方は、下のボタンから「日焼けをしてはいけない理由」へ進んでください。

実はイマイチ医療レーザー脱毛の仕組みが分からないという方は、一度ここでおさらいしておきましょう。

医療レーザーを髭のメラニン色素に反応させる脱毛方法

医療レーザーを髭のメラニン色素に反応させる脱毛方法

出典:医療レーザー脱毛|【墨田区・江東区】錦糸町 亀戸の医療レーザー脱毛なら | 錦糸町 亀戸のアンチエイジング専門外来 ドクター小池クリニック(リンク切れ:http://www.koicl.com/c_dermatology/datsumo)

医療レーザー脱毛を簡単に解説すると、黒いものに反応するレーザーを使って脱毛する方法となります。

髭は、表皮の底にあるメラノサイトと呼ばれる細胞により、「メラニン色素」という色素で黒く着色されています。

医療レーザー脱毛では、この髭のメラニン色素にレーザーを反応させるのです。

反応したレーザーは髭に熱を与え、その熱が髭に栄養を与える役割を持つ「毛乳頭」毛包(毛穴)に伝わります。

すると毛乳頭を熱破壊し、髭の再生を半永久的に阻止することができるのです。

医療レーザーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです

医療レーザーは3種類!評判に基づく効果とおすすめ部位を徹底比較!医療レーザーは3種類!評判に基づく効果とおすすめ部位を徹底比較!

実は光脱毛や家庭用脱毛器も脱毛の仕組みは同じ

実は光脱毛や家庭用脱毛器も脱毛の仕組みは同じ

髭の医療レーザー脱毛の仕組みについて解説しましたが、実は光脱毛や家庭用脱毛器も、脱毛の仕組みは同じです。

光脱毛は主に脱毛サロンで扱われる脱毛方法で、メラニン色素へ反応する光で脱毛します。

医療機関ではないので永久脱毛効果はありませんが、毛乳頭へ刺激を与え脱毛する点は、レーザー脱毛と変わりませんよね。

家庭用脱毛器もフラッシュ型やレーザー型等ありますが、サロンやクリニックより出力を抑えてあるだけで、仕組みは全く同じものになります。

つまり、3種類のいずれの方法で脱毛するにしても、脱毛前後に日焼けはしてはいけないのです。

【関連記事】

髭の脱毛は4種類!【光・医療レーザー・ニードル・家庭用脱毛器の違い】とは髭の脱毛は4種類!【光・医療レーザー・ニードル・家庭用脱毛器の違い】とは

髭の医療レーザー【脱毛前】に日焼けをしてはいけない理由3つ

髭の医療レーザー【脱毛前】に日焼けをしてはいけない理由3つ

医療レーザー脱毛の仕組みは分かったけれど、日焼けとどう関係しているのかイマイチ分からないですよね。

髭の医療レーザー脱毛は、脱毛前と脱毛後のどちらも日焼けをしてはいけませんが、まずは脱毛前に日焼けをしてはいけない理由から3つご紹介します。

ヤケドなど施術時の肌トラブルのリスクが高まる

日焼けは、肌のメラニン色素が増殖することで肌が黒っぽい色になります。

その状態で医療レーザー脱毛をしてしまうと、レーザーが肌にまで反応してしまい、ヤケドを負ってしまう恐れがあります。

また、日焼けは軽いヤケド状態なので、肌のバリア機能が低下しています。

髭脱毛は通常時の肌へも大きな負担になるので、日焼け状態で脱毛をしてしまうと、ヤケドや肌荒れ、色素沈着など肌トラブルを起こししやすくなってしまうのです。

施術時の熱さや痛みが増す

日焼け状態の肌は、上で解説したようにレーザーの熱を吸収してしまいます。

するとヤケドしないまでも、通常時より熱さや痛みを強く感じるでしょう。

また、日焼けをするとバリア機能が落ちることで、肌が乾燥します。

すると普段より赤みやヒリヒリ感が出て、痛みが増してしまう恐れがあります。

脱毛効果が半減して想定していた期間内に終わらなくなる

日焼けにより肌のメラニン色素が増殖すると、レーザーが肌へ反応してしまうと前述しましたね。

そのため、本来髭に与えるはずだった熱が分散してしまい、上手く脱毛することができなくなってしまいます。

また、日焼けしている時はヤケドや肌荒れのリスクを減らすため、レーザー脱毛機の出力を下げて施術をすることもあります。

すると、当然脱毛効果は低くなり、効率が落ちてしまいます。

よって、日焼けせずに脱毛した場合に比べて、理想の状態までの脱毛回数が無駄に多くなり、期間が伸びてしまうでしょう。

髭の医療レーザー【脱毛後】に日焼けをしてはいけない理由2つ

髭の医療レーザー【脱毛後】に日焼けをしてはいけない理由2つ

脱毛前に日焼けをしてはいけないことはご存知の方も多いと思いますが、実は脱毛後の日焼けもNGなのです。

では髭の医療レーザー脱毛後に日焼けをしてはいけない理由を、2つご紹介します。

色素沈着など肌トラブルが重症化しやすくなる

髭の医療レーザー脱毛は、日焼けをしていない場合であっても、肌への刺激は避けられません。

施術後には赤みや腫れが出ることも多く、レーザー脱毛のダメージの大きさがうかがえます。

そこでさらに日焼けをしてしまうと、肌へさらなる大ダメージを与えてしまいます。

通常時なら少し赤みが出る程度の日焼けでも、色素沈着や水ぶくれなど重症化しやすくなってしまうのです。

次回の髭脱毛効率が落ちる

髭の医療レーザー脱毛は、1回で理想の状態になるものではありません。

2〜3ヶ月おきに複数回クリニックへ通うのが一般的です。

つまり、今回は脱毛後の日焼けであっても、それは次回の髭脱毛前の日焼けになります。

そのため上で解説した通り、施術時のヤケドや痛みのリスクが大きくなり、脱毛効率が落ちてしまうことでしょう。

どの程度なら大丈夫?医療レーザー脱毛前後の日焼けの許容目安

どの程度なら大丈夫?医療レーザー脱毛前後の日焼けの目安

医療レーザー脱毛前後の日焼けの危険性について解説してきましたが、全く外を出歩けないのでは困ってしまいますよね。

そこで、目安となる日焼けの程度をご紹介します。

上の画像は、6種類の肌色を表しています。

画像上部に記してある◯・△・✕はそれぞれ、以下のような意味合いになります。

  • ◯:ほとんどの場合施術可能
  • △:場合によっては施術不可
  • ✕:ほとんどの場合施術不可

少し表現が曖昧なのは、クリニックによって使用する脱毛機が違い、判断も変わってくるからです。

そのため、上の画像はあくまで目安程度に考えておき、最終的な判断はクリニックのカウンセリングにて、専門の医師に任せると良いでしょう。

無料カウンセリングを実施している医療レーザー脱毛クリニックを見てみる

髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!

髭の医療レーザー脱毛前後に日焼けをしないための対策方法3つ

髭の医療レーザー脱毛前後に日焼けをしないための対策方法3つ

日焼けをしたがために、肌トラブルを起こしたり脱毛効率が落ちるのは、少し勿体無いですよね。

できることなら日焼けを防ぎ、安全に最大限の脱毛効果を得たいものです。

そこで、ここでは髭の脱毛前後に日焼けをしないための3つの対策方法をご紹介します。

日焼け止めを塗る

誰もがまず最初に思い浮かべるのが日焼け止めですよね。

日焼け止めは、肌のくすみや色素沈着など、肌が黒ずむのを防止してくれるので、脱毛期間中は必須アイテムとなるでしょう。

男性は女性に比べて、日焼け止めを塗る頻度は少ないと思いますが、塗るだけでとても簡単に日焼けを防止できるので、おすすめです。

ただし、脱毛当日は日焼け止めを塗らないように注意が必要です。

日焼け止めを塗った状態で医療レーザー脱毛を受けると、本来の脱毛効果が得られなかったり、痛みが増したりします。

そのため、当日は何か他の対策が必要となります。

マスクやフェイスガードで髭の脱毛範囲を覆う

マスクなら、髭の脱毛範囲はほとんど覆うことができるでしょう。

誰でも簡単にすぐ手に入るので、何も対策するものがないときにはオススメです。

ただ普通の使い捨てマスクにはUVカット効果がないので、紫外線を通してしまいます。

直接日差しが当たらなくても、紫外線はメラノサイトを刺激してメラニン色素を生成させるので、結局マスクの下に日焼け止めを塗るなどの対策が必要となります。

おすすめは、顔の下半分と首まで覆うことのできる、「フェイスガード」です。

日差しに長時間あたる恐れがあり、何らかの事情で日焼け止めを使用できない方は、検討してみるのも良いでしょう。

紫外線の多い時間帯の外出を避ける

つくば市の1日の紫外線量グラフ

出典:気象庁| 時別UVインデックス(観測値)の毎日の推移グラフ

紫外線が多い時間帯に外出すると、短時間でも日焼けやシミ、色素沈着を起こす恐れがあります。

仕事や学校など、定期的な外出の時間帯を変えることはほぼ不可能に近いですが、休日ならある程度融通がききますよね。

上の画像は、2017年7月のある日に気象庁で計測された、1日の紫外線量を表しています。

見てお分りいただけると思いますが、特に紫外線量が多いのは、10時〜14時の間になっていますよね。

この時間帯は、どの季節も紫外線量が多くなるので、ほかの時間帯以上に注意が必要です。

医療レーザー脱毛前後に日焼けをしてしまった時の対策方法6つ

医療レーザー脱毛前後に日焼けをしてしまった時の対策方法6つ

日焼けをしないように十分に注意を払っていても、紫外線量の多い時期は日焼けをしてしまうこともありますよね。

そこで、ここではもし日焼けをしてしまった場合、次回の髭の脱毛までにどのような対策が取れるのか、6つの対策方法をご紹介します。

冷水で冷やす

日焼けは、軽いヤケド状態だと前述しました。

ヤケドした時に冷水で冷やすのと同じように、日焼けをしてしまった場合も冷水で冷やしましょう。

注意
氷水を入れたビニール袋など、直接氷が触れると肌が冷えすぎて逆にダメージを与えてしまうため、流水または氷水や保冷剤をタオルで包む等工夫しましょう。

保湿する

日焼けした肌は、肌のバリア機能が失われ、肌が乾燥している状態です。

早く日焼け肌を治すには、保湿して肌のターンオーバー機能を正常化する必要があります。

そのため、化粧水と乳液を使い、しっかりと保湿しましょう。

注意
コットンや手の摩擦は日焼け後の肌には刺激が強いので、手の平でこすらず押し込むようにケアしましょう。

ソラレンを避けてビタミンC・E・Aやリコピンを摂取する

日焼けを早く治すには、保湿などの外部からの対策だけでなく、内側からの対策も必要です。

日焼けに良いとされている、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンA・リコピンを積極的に摂取するように心がけましょう。

これらの成分を含む食べ物を、いくつかご紹介します。

日焼けを治すための食べ物
ビタミンC:アセロラ・いちご・のり・ピーマン・ブロッコリーなど
ビタミンE:緑茶・アーモンド・大豆・卵・マグロなど
ビタミンA:レバー・のり・うなぎ・いか・人参など
リコピン:トマト・スイカ・柿・さくらんぼ・赤パプリカなど

ただ一つ注意しておきたいのが、「ソラレン」という成分が含まれているものは摂取しないことです。

ソラレンは光毒性物質と呼ばれており、紫外線を浴びることで活性化し、肌へダメージを与えてしまいます。

そのため、日焼けを早く治すには、ソラレンの摂取を避けるのがポイントです。

ソラレンを含む主な食べ物は以下の通りです。

ソラレンを多く含む食べ物
オレンジ・グレープフルーツ・レモン等柑橘類、キウイ、いちじく、じゃがいも、きゅうり、セロリ、春菊、しそ、三つ葉、野沢菜、パセリ、パクチー、コリアンダー、ディルなど

ソラレンの摂取を上手に避け、ビタミンC・ビタミンA・ビタミンE・リコピンを積極的に摂取しましょう。

質の良い睡眠を心がける

睡眠は、体の修復をする大切な時間です。

適切な睡眠がとれていないと、日焼けを治すための成長ホルモンが分泌されず、日焼けのダメージがどんどん蓄積されてしまいます。

睡眠は、時間よりも質が重要だと言われており、最も重要なのは眠りについてから最初の3時間だと言われています。

その3時間にどれだけ質の良い睡眠を取れるかで、日焼けの修復度も変わってくることでしょう。

就寝前のパソコンやスマホは避け、遅くても0時には就寝するなど、深い眠りにつくための工夫をしましょう。

ヤグレーザーや蓄熱式の脱毛機で脱毛する

上の4つの対策をとっても髭の脱毛に間に合わなかった場合、日焼け肌のまま施術を受けることになります。

ただ、実はある程度の日焼けなら、施術をすることができる脱毛機があるのです。

それは、ヤグレーザーを用いた脱毛機や、蓄熱式と呼ばれるタイプの脱毛機です。

一つずつ解説していきます。

ヤグレーザーは肌のメラニン色素に反応しづらいレーザー

ヤグレーザーとは、医療レーザー脱毛に用いられるレーザーの中で、最長の波長(1064nm)を持つレーザーです。

波長が長いと皮膚の表面のメラニン色素には反応しづらく、根深い髭の毛根に効率よくダメージを与えることができます。

そのため、ヤグレーザーを用いた「ジェントルYAG」、「エリート」などの脱毛機なら、あまりにひどい場合を除いて脱毛することが可能でしょう。

ただ、その判断はクリニックによって異なるので、まずはカウンセリングで相談してみると良いでしょう。

レーザーの種類について詳しく知りたい方はこちら

医療レーザーは3種類!評判に基づく効果とおすすめ部位を徹底比較!医療レーザーは3種類!評判に基づく効果とおすすめ部位を徹底比較!

蓄熱式レーザー脱毛機はバルジ領域の破壊で脱毛する

一般的なレーザー脱毛機は、メラニン色素に反応して毛乳頭を熱破壊すると前述しました。

しかし、蓄熱式レーザー脱毛機は、肌へ蓄熱することで「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子を破壊します。

メラニン色素に全く反応しないわけではありませんが、メインのターゲットはバルジ領域なので、日焼け肌でも多くの場合施術することができるでしょう。

メディオスターNext Pro」、「ソプラノアイスプラチナム」など蓄熱式のレーザー脱毛機を選択するのも、一つの手段になりますね。

蓄熱式脱毛(SHR脱毛)について詳しく知りたい方は、下の記事もぜひ読んでみてください

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)は髭に効果なし?バルジ領域の新脱毛法を徹底分析!SHR脱毛(蓄熱式脱毛)は髭に効果なし?バルジ領域の新脱毛法を徹底調査!

日焼け関係なく施術できるニードル脱毛をする

仕事など、常に日焼けをする機会が多く、とても対策しきれない方もいるでしょう。

そんな方にオススメなのが、ニードル脱毛です。

光脱毛や医療レーザー脱毛と違い、メラニン色素とは無縁のため、どれだけ黒く日焼けしていたところで、脱毛することが可能です。

ただ、広範囲の髭を脱毛する場合、費用や時間が桁違いにかかるので、注意しましょう。

ニードル脱毛について詳しく知りたい方はこちら

ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!

髭の医療レーザー脱毛前後にはしっかり日焼け対策をしよう

髭の医療レーザー脱毛前後にはしっかり日焼け対策をしよう

髭の医療レーザー脱毛前後の日焼けは、様々な問題がありましたね。

安全に最も効率よく髭の脱毛をするには、日焼けをしないことが一番です。

今回ご紹介した日焼け対策をしっかりと押さえ、万全の状態で髭の脱毛に臨みましょう!

あなたに合うクリニック・サロンが1分で分かる!簡単診断チャート 記事が少しでも良いと思ったら、下のボタンをポチッと押して、ツルスベ髭男爵を応援してくださると嬉しいです^ ^
にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ