脱毛前後って飲酒しても大丈夫?

脱毛前後に飲酒しても大丈夫?

皆さんはこういう経験はありませんか?脱毛する前後の日に友達や彼氏、彼女からの「酒飲み行かない?」こんな誘いがあると思います。
そんな誘いを受けた時に「少しなら大丈夫かな」と思うかもしれません。

そこで今回は「脱毛前後の飲酒」について紹介させて頂こうと思います。ぜひご覧ください。

脱毛前後の飲酒は大丈夫?


脱毛前後に飲酒しても大丈夫?

「脱毛前後の飲酒は大丈夫?」という疑問を持っている方がいると思います。

答えは「だめ」です。

脱毛をする際にお酒が体内に入っている状態だと肌が敏感になっている時に脱毛という事になるからです。

そうなってしまうと脱毛は炎症を起こしやすいので、下手をすればやけど、重度な炎症になりかねません。

また理由としては上記で説明したように肌が炎症を起こしやすくなる原因になるからです。

お酒を飲んでしまったら体温が上がり血行が良くなります。

そうなってしまうと肌が敏感になってしまい、脱毛してしまうと炎症が起こりやすくやけどなどになってしまいます。

またそれだけではなくお酒を飲んでしまうと体内の水分が減少します。

そうなると肌が乾燥してしまい、かゆくなってしまっても引かなかったり、赤くなった状態が続いたりなどが理由としてあげられます。

上記の理由がある中でお酒を飲んで脱毛をしてしまうと、肌に多大なるダメージを与えかねません。

なのでお酒を脱毛施術などの前後は飲まないようにしなければいけません。

脱毛前後に飲酒をしてしまった場合はどうすれば?


脱毛前後に飲酒してしまった

・脱毛前に飲酒をしてしまった場合
脱毛前に飲酒をしてしまった場合、一番にやることは「連絡」です。これはお酒の量に関わらず一度連絡をしてください。理由としては脱毛施術を行った後にトラブルの原因にもなる可能性があるからです。予約をしてしまった後に、飲酒をしてしまった場合は連絡が出来る一番早い段階で連絡をして対処をするようにしてください。

・脱毛後に飲酒をしてしまった場合
脱毛後に飲酒をしてしまった場合は、上記で説明した炎症などが起こる可能性があります。炎症が起こってしまった場合は、やけどなどの対処と同じように氷水などを使って冷やすようにしてください。また脱毛サロンから炎症止めのクリームなどを貰っている場合は、クリームなどを利用してください。またレーザー脱毛やフラッシュ脱毛はスケジュールが決まっている事があるので、日程が分かっている場合は飲酒をしないようにしてください。