【IPL脱毛&SSC脱毛】髭を脱毛するならどっち?10の違いを徹底比較!

【IPL脱毛&SSC脱毛】髭を脱毛するならどっち?10の違いを徹底比較!

髭の脱毛は、「髭の脱毛は4種類!【光・医療レーザー・ニードル・家庭用脱毛器の違い】とは」で解説しているように多くの種類があり、自分にはどの脱毛方法が相応しいのか、悩んでしまうことも多いですよね。

中でも光脱毛は、さらに「IPL脱毛」と「SSC脱毛」とに分かれており、脱毛経験のない方には違いが分かりづらくなってしまっています。

そこで今回は、IPL脱毛とSSC脱毛の違いが簡単に分かるように、10項目に分けて徹底的に比較しました。

これから髭の光脱毛に挑戦する方は、ぜひ参考にしてみてください。

IPL脱毛とSSC脱毛の違いはここ!10項目で徹底的に比較してみた

IPL脱毛とSSC脱毛の違いはここ!10項目で徹底的に比較してみた

まずはIPL脱毛とSSC脱毛の違いが一目で分かるように、表にまとめました(表は横にスクロールできます)。

IPL脱毛SSC脱毛
光の種類キセノンランプクリプトンライト
脱毛効果無(制毛・抑毛効果)
施術時の痛み小さいかなり小さい
術後の肌荒れ少ないほぼ無い
美肌効果
ジェルの有無不要必要
日焼け肌・ほくろ・
シミなどの脱毛
不可不可
産毛や白髪の脱毛不可可能
髭のデザイン不可ではない不可ではない
1部位1回あたりの
脱毛料金
5,000円前後3,000円前後
主な脱毛サロン メンズキレイモ
RINX(リンクス)
メンズラクシア

大まかな違いはお分かりいただけたでしょうか?

ここからは、それぞれの違いをもう少し詳しく解説していきますね。

1.施術に用いられる光の種類

施術に用いられる光の種類

出典:SSC脱毛の特徴は?気になる効果や仕組みデメリットを徹底調査!

施術に用いられる光の種類
IPL脱毛キセノンランプ
SSC脱毛クリプトンライト

キセノンランプは「キセノンガス」を、クリプトンライトは「クリプトンガス」を用いた光のことです。

実はこの光の性質自体には大差ないのですが、光の当て方に違いがあります。

IPL脱毛に用いられるキセノンランプは、上図の左側のように、髭に直接照射してメラニン色素に反応させ、毛根の最深部にある「毛乳頭」という発毛組織に熱ダメージを与えます。

一方SSC脱毛に用いられるクリプトンライトは、上図右側のように、ジェルの上から照射して抑毛効果のある「フィニリーブ」を浸透させ、毛根に働きかける仕組みになっています。

この照射方法の違いが、後ほど解説する脱毛効果や痛みに影響してくるので、よく覚えておいてくださいね。

2.髭への脱毛効果

髭への脱毛効果

髭への脱毛効果
IPL脱毛
SSC脱毛無(制毛・抑毛効果)

SSC脱毛は、ジェルに含まれる有効成分「フィニリーブ」が毛根にアプローチする脱毛方法です。

フィニリーブには、サリチル酸や大豆イソフラボンといった抑毛成分が含まれており、これらの成分が光の力で浸透することで、効果を得ます。

しかしこれはあくまで「抑毛効果」であり、脱毛のような即効性が見られません。

対してIPL脱毛は、直接光をあてることで毛乳頭へ刺激を与えるので、比較的脱毛効果は高いと言えます。

どちらにしても長期戦にはなりますが、根深い髭に少しでも早く脱毛効果を実感したいのなら、IPL脱毛がを選択するのが良いでしょう。

脱毛効果の高いIPL脱毛についてもっと詳しく見る!

IPL脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン2選!IPL脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン2選!

3.施術時の痛み

施術時の痛み

施術時の痛み
IPL脱毛小さい
SSC脱毛かなり小さい

IPL脱毛もSSC脱毛も光脱毛の一種であり、永久脱毛はできないように出力が落としてあります。

そのため医療レーザー脱毛やニードル脱毛など、永久脱毛効果のある脱毛方法と比べると、痛みは格段に小さいと言えるでしょう。

中でもSSC脱毛は、光が直接的に作用するのではなく、ジェルの補助的な役割をしているので、痛みはより一層軽減されます。

髭は元々痛みが強くなりやすい部位なので、痛みにとても敏感な方は、SSC脱毛を選ぶと失敗しにくいかもしれません。

痛みがほぼ無いSSC脱毛についてもっと詳しく見る!

SSC脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロンSSC脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン

4.術後の肌荒れ等のリスク

術後の肌荒れ等のリスク

出典:Whey Protein Might Be Causing Your Acne, Research Says | Reader’s Digest

術後の肌荒れ等のリスク
IPL脱毛少ない
SSC脱毛ほぼ無い

前述のように、IPL脱毛もSSC脱毛も医療レーザー脱毛などと比べて出力が落としてあるので、その分肌への負担も小さくなります。

医療レーザー脱毛やニードル脱毛では、術後に赤く腫れ上がったり毛嚢炎ができたりすることがありますが、IPL脱毛やSSC脱毛では肌荒れの心配はあまり必要ないでしょう。

中でもSSC脱毛は、光によるダメージがほとんど無いので、術後に肌荒れを起こすリスクはほぼ無いでしょう。

補足
SSC脱毛は光によるダメージはほぼありませんが、敏感肌の方は抑毛ジェルの成分の副作用が出てしまうことはあります。心配な方は「髭のSSC脱毛に副作用はある?」で自分に合わなそうな成分がないか、チェックしてみてください。

5.美肌効果の有無

美肌効果の有無

美肌効果の有無
IPL脱毛
SSC脱毛

IPL脱毛とSSC脱毛は、どちらも美肌効果を期待することができます。

ただ、得られる効能に多少違いがあるので、ここで確認しておきましょう。

IPL脱毛
  • シミやニキビ跡などの色素沈着のメラニン色素を分解し、正常な肌の色に戻す
  • 「線維芽細胞」を活性化させることでコラーゲンを生成し、肌のハリを取り戻す
SSC脱毛
  • 肌の乾燥を防ぎ、保湿する
  • 古い角質を除去し、肌のターンオーバー機能を正常化する
  • 抗炎症作用により、ニキビなどの皮膚炎にアプローチする

美肌効果はあくまで服効果でメインは脱毛ですが、せっかくなら美肌になって、清潔感溢れるモテ男になりたいですよね。

他の項目でどちらにするか決めきれない場合に、最後の決め手として、自分に合った美肌効果が得られる方にするのも一つの手ですね。

6.施術時のジェルの有無

施術時のジェルの有無

施術時のジェルの有無
IPL脱毛不要
SSC脱毛必要

SSC脱毛はジェルの抑毛成分によって効果を得るので、当然ながらジェルの塗布が必要です。

一方IPL脱毛は、光を直接照射する方式であり、脱毛機に冷却装置も装着されているため、ジェルを塗布する必要がありません

ジェルは冷たい感触が苦手な方が多く、特に冬場は体の冷えが気になるものです。

心臓に疾患を抱えている方など、急なひんやり感に弱い方は、SSC脱毛よりもIPL脱毛の方が良さそうですね。

7.日焼け・ほくろ・シミなど色素の濃い肌への対応

日焼け・ほくろ・シミなど色素の濃い肌への対応

日焼け・ほくろ・シミなど
色素の濃い肌への対応
IPL脱毛不可
SSC脱毛不可

日焼け肌やほくろ、シミなどの色素沈着がある場合、IPL脱毛もSSC脱毛も施術を断られることがあります。

その理由は、どちらも光を用いた施術方法なので、日焼け肌やほくろ、シミなどがあると、光が肌へ反応してヤケドを負ってしまう恐れがあるからです。

上の画像は肌の色と施術可否の目安ですが、脱毛サロンによっても判断基準は変わってくるので、まずはカウンセリングで気になる部位を見てもらうのが良いでしょう。

8.産毛や白髪など色素の薄い髭への対応

産毛や白髪など色素の薄い髭への対応

産毛や白髪など色素の薄い髭への対応
IPL脱毛不可
SSC脱毛可能

IPL脱毛は、髭のメラニン色素に反応させる施術方式のため、産毛や白髪などメラニン色素がほとんど含まれていない髭には、ほとんど脱毛効果がありません。

対するSSC脱毛は、光が直接的に作用するわけではなく、抑毛ジェルの効果がメインなので、産毛や白髪など髭のメラニン色素が少ない状態でも、問題なく効果を得ることができます。

そのため髭に白髪が目立つ方は、IPL脱毛よりもSSC脱毛の方が、均等で満足のいく脱毛効果を得ることができるでしょう。

9.髭のデザインの可否

髭のデザインの可否

髭のデザインの可否
IPL脱毛不可ではない
SSC脱毛不可ではない

IPL脱毛やSSC脱毛などの光脱毛は、医療レーザー脱毛やニードル脱毛よりも、脱毛機の照射口が広いのが特徴です。

全身脱毛など広範囲の脱毛時には重宝しますが、髭など複雑で狭い部位の脱毛は、あまり得意としていません。

髭をデザインしているおしゃれメンズさんは、1本単位で気になるようなこだわりを持っている方も少なくないと思いますが、IPL脱毛やSSC脱毛ではあまり細部までこだわったデザインはできないでしょう。

IPL脱毛やSSC脱毛で髭をデザインすることはできなくはありませんが、あまり細かくこだわることはできないということを覚えておきましょう。

もし1本単位でこだわりたいのなら、ニードル脱毛での施術をおすすめします。

ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!

10.髭の脱毛料金

髭の脱毛料金

髭の脱毛料金
IPL脱毛5,000円前後
SSC脱毛3,000円前後

男性でSSC脱毛が受けられる脱毛サロンは少ないので、あまり正確ではありませんが、1部位1回あたりの料金は、IPL脱毛で5,000円前後SSC脱毛で3,000円前後となっています。

1回あたりの料金は、医療レーザー脱毛などと比べると安いですが、どちらも理想の状態を維持するにはサロンに通い続けなければならないので、トータルで見ると非常に高額になることが多いでしょう。

自分に必要な回数を考慮し、予めどの程度の費用になるのか、逆算しておくと良いでしょう。

結局IPL脱毛とSSC脱毛で髭におすすめなのはどっち?

結局IPL脱毛とSSC脱毛で髭におすすめなのはどっち?

今回はIPL脱毛とSSC脱毛の違いについて、10の視点で比較してきましたね。

しかし、どちらの脱毛方法も一長一短で、一概にどちらの脱毛方法が良いということはできません。

そのため、ここではそれぞれおすすめできる人をご紹介するので、どちらの方が多く当てはまるか、チェックしてみてください。

IPL脱毛で髭脱毛するのをおすすめできる人

  • 肌が敏感で他の処理方法が合わない人
  • 痛みに敏感な人
  • 将来髭を生やす予定があり永久脱毛はしたく無い人
  • 1回1回の施術を短時間で済ませたい人
  • ジェルの冷たさや感触が苦手な人
  • ニキビ跡やシミなど薄い色素沈着があり美肌効果も欲しい人
  • 長く脱毛サロンに通うことが苦でない人
  • 髭のデザインに大きなこだわりを持っていない人
  • 今現在の月の予算が低い人
SSC脱毛で髭脱毛するのをおすすめできる人
  • 将来髭を生やす予定があり、永久脱毛したくない人
  • 抑毛ローションではあまり効果が感じられず、高い抑毛効果を期待する人
  • 非常に敏感肌または痛みに極端に弱い人
  • 抑毛効果と同時に美肌効果も望んでいる人
  • 1回の施術時間をなるべく短くしたい人
  • 黒い髭だけでなく、産毛や白髪などにもアプローチしたい人
  • 脱毛サロンに通い続けることが苦にならない人
  • 施術時のジェルのひんやり感や感触が苦手でない人
  • 自分の中で必要な回数と予算が計算できている人

あなたは、どちらの脱毛方法が多く当てはまりましたか?

髭の脱毛は最低でも1年と長期戦になるので、自分に最適な脱毛方法を選ぶのが、成功のコツです。

それぞれの脱毛方法について、メリットやデメリットなどさらに詳しくまとめた記事があるので、そちらもぜひチェックして、髭の脱毛を成功させましょう!

【IPL脱毛がおすすな人に多く当てはまった方

IPL脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン2選!IPL脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン2選!

【SSC脱毛がおすすな人に多く当てはまった方

SSC脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロンSSC脱毛は髭に効果ある?メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン