ケノンで青髭を脱毛してみよう!安全で効果的な使い方や注意点まとめ

家庭用脱毛器ケノン

出典:家庭用脱毛器ケノン

「ケノンを使い始めたは良いものの、青髭への効果は実感できないし、痛みがかなり強い…。」

そんな悩みを抱えていませんか?

それ実は、ケノンの使い方が間違っているかもしれません。

今回は、ケノンで青髭を脱毛するにあたり、安全かつ効果的な使い方や、脱毛前・脱毛後の注意点を分かりやすくまとめました。

もくじ

ケノンで髭を効果的に脱毛するには下準備が必要!脱毛前の注意点6つ

ケノンで髭を効果的に脱毛するには下準備が必要!脱毛前の注意点6つ

ケノンの使い方自体はとても簡単ですが、ケノンで脱毛する前には、いくつか下準備が必要となります。

この下準備を怠ると、脱毛効果が実感できなかったり、痛みが増すなどトラブルが起きることもあります。

面倒に感じることも多いと思いますが、一つ一つ確実に準備を整えていきましょう。

ではまず脱毛前の注意点6つをご紹介します。

ケノンでの髭脱毛前の注意点6つ
  • 毛抜き・脱毛ワックス・除毛クリームなどの自己処理はNG!
  • ローション・クリーム・オイル等の使用はNG!
  • 照射部位は綺麗に洗浄しよう
  • カミソリや電気シェーバーで髭を剃っておこう
  • 肌の状態を確認しておこう
  • 初回は必ずパッチテストを実施しよう

一つずつ詳しく解説していきますね。

毛抜き・脱毛ワックス・除毛クリームなどの自己処理はNG!

毛抜き・脱毛ワックス・除毛クリームなどの自己処理はNG!

ケノンで髭を脱毛する前に毛抜きなどで自己処理をすると、一次的に髭が無くなりツルツルになりますよね。

しかし、「髭が無くなる=光が髭のメラニン色素に反応しなくなる」ということであり、脱毛効率が一気に落ちてしまいます。

そのため、脱毛前に毛抜きなどで髭の自己処理をするのは控えましょう。

ちなみに、脱毛ワックスや除毛クリームは、「髭は脱毛がオススメ!脱毛と除毛と抑毛と剃毛の違いとメリット&デメリット」で解説している通り、髭に使用することはできません。

もし使用した場合肌へのダメージは凄まじく、毛嚢炎や腫れなど様々な肌トラブルを引き起こすリスクが非常に大きいです。

脱毛ワックスや除毛クリームは、ケノンの使用の有無に関わらず、髭への使用は避けてください。

ローション・クリーム・オイル等の使用はNG!

ローション・クリーム・オイル等の使用はNG!

脱毛は肌への負担が大きいことを知っている方は、ローションやクリーム、オイルなどで脱毛前にも保湿してしまいがちです。

しかし、良かれと思ってした保湿も、脱毛前では逆効果になってしまう恐れがあります。

ローションやクリーム、オイル等は脱毛前に使用すると、毛穴に入り込み、光の熱がうまく毛根まで届かなくなってしまうことがあります。

また、光と反応することで痛みが増したり、肌への負担を大きくしてしまうことまであるのです。

一見良さそうな脱毛前の保湿ですが、かえって脱毛効率を下げてしまうので、脱毛前にはローションやクリーム、オイル等の使用は控えましょう。

照射部位は綺麗に洗浄しよう

照射部位は綺麗に洗浄しよう

照射部位の毛穴に汚れが溜まっていると、光が効率よく毛根まで届かず、脱毛効果が小さくなってしまうことがあります。

また、脱毛は肌へ負担をかける行為であり、何もなくても肌トラブルを引き起こす恐れのある行為です。

照射部位に細菌が溜まっていると、照射後にダメージを負った肌で細菌が繁殖し、さらなる肌環境の悪化を招いてしまうかもしれません。

そのため、脱毛前には照射部位を綺麗に洗浄しましょう。

注意
刺激の強い石鹸を使ったり、手でゴシゴシ洗浄すると、肌へのダメージとなってしまいます。刺激の少ない石鹸をネットでよく泡だて、ソフトに洗うように心がけましょう。

カミソリや電気シェーバーで髭を剃っておこう

カミソリや電気シェーバーで髭を剃っておこう

ケノンで髭を脱毛する前には、予め髭を剃っておかなければなりません。

伸びたまま脱毛を始めてしまうと、光が髭に過剰反応してしまい、ヤケドのリスクが高まります。

また、肝心の毛根には熱が伝わらず、脱毛効率を下げてしまいます。

そのため、脱毛前には必ず髭を剃っておきましょう。

ただあまりに綺麗に剃った直後だと、光が髭に反応しなくなってしまいます。

目安としては、ケノンで脱毛する前の日の夜に、逆剃りで深剃りせず、順剃りだけで剃っておくと良いでしょう。

個人差はありますが、大半の人は次の日の朝にベストな長さ(1㎜)まで伸びているはずです。

肌の状態を確認しておこう

肌の状態を確認しておこう

ケノンは「キセノンライト」と呼ばれる光を使って脱毛する、「光脱毛」の一種です。

光脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応する性質を利用するため、もし肌が黒ければ、肌に反応してヤケドや水ぶくれなどの原因となります。

そのため、日焼け肌だけでなく、ほくろ、刺青、シミやニキビ跡などの色素沈着にも注意しなければなりません。

上の6種類の色を並べた画像を目安に、照射部位に異常がないか確認しましょう。

また、肌色関係なく、傷口や湿疹等既に肌がダメージを受けている場合、ケノンで髭を脱毛することはできません。

もし傷口に照射してしまうと、さらに症状が悪化してしまう恐れがあるので、肌に異常がある場合は完治してから脱毛しましょう。

初回は必ずパッチテストを実施しよう

初回は必ずパッチテストを実施しよう

肌がとても敏感な方は、家庭用脱毛器の出力でも、ただれてしまったりすることがあります。

まずは本格的に髭を脱毛し始める前に、必ずパッチテストをしておきましょう。

パッチテストの仕方は簡単で、ケノンの照射レベルを1(最小)に設定し、腕や手の甲など比較的肌の強い部位に照射するだけです。

照射後、照射範囲とその周辺に水疱やただれ、ヤケドなどの症状が出ていないか、チェックしましょう。

もし症状が出なければ脱毛を開始し、症状が出てしまった場合は、直ちに使用を中止しましょう。

ケノンで効率的に髭を脱毛する5つのコツ

ケノンで効率的に髭を脱毛する5つのコツ

ケノンで髭を脱毛する準備は整いましたか?

使い方をご紹介したいところですが、もう少し待ってください!

ケノンは出力が弱いため元々青髭への効果は小さく、実感するのに時間がかかります。

そこで、少しでもケノンで効率的に脱毛するために、以下の5つのコツを伝授したいと思います。

  • 初めは照射レベルを低めに設定して脱毛する
  • 連続ショットはなるべく1回を選ぶ
  • 髭の毛周期に合わせて脱毛する
  • 毛穴を手で広げるようにしながら照射する
  • 照射口を肌にピッタリ密着させることを意識する

では一つずつ詳しく見ていきましょう。

初めは照射レベルを低めに設定して脱毛する

初めは照射レベルを低めに設定して脱毛する

髭は根太く濃いからと言って、初めから最高出力の照射レベル10で脱毛してしまう人がいます。

それで何もトラブルが無ければ良いのですが、肌が弱い方は赤く腫れ上がり、熱っぽくなってしまうこともあります。

そうなってしまっては低い出力でも照射できず、結局脱毛効率が悪くなってしまいます。

「急がば回れ」とは正にこのことで、焦らず初めは低い出力に設定し、問題ないことを確認してから徐々にレベルを上げていきましょう。

連続ショットはなるべく1回を選ぶ

連続ショットはなるべく1回を選ぶ

ケノンには、「連続ショット」というモードがあり、1回・3回・6回の中から回数を選ぶことができるようになっています。

この連続ショットとは、「1回の光の出力を何回に分散するか」ということを表しています。

そのため、連射回数が多いほど肌への負担は軽くなり、同時に脱毛効果も小さくなります。

ただ、肌への負担や痛みはあらかた10段階の照射レベルで調節できてしまいます。

また、連射するとその分カートリッジの残り照射回数も減るので、1ショットで使った時と比べて寿命が短くなってしまいます。

よっぽど肌が弱い人を除き、基本的には1ショット設定にしておくと良いでしょう。

髭の毛周期に合わせて脱毛する

髭脱毛の間隔を決める毛周期とは

出典:医療レーザー脱毛の仕組み | 医療脱毛の美容皮膚科横浜マリアクリニック

人の体毛には「毛周期」と呼ばれるサイクルがあり、髭も当然そのサイクルに基づいて成長しています。

毛周期には大きく分けて「成長期」・「退行期」・「休止期」の3つの期間があり、皮膚の表面に出ている成長期や退行期の髭は、全体の15%〜20%だと言われています。

残りの休止期の髭は毛幹(髭の毛の部分)が存在せず、どんなに光を当てたところで効果はありません。

そのため、一般的には最も光が反応しやすい、「成長期」を狙って脱毛するのが効率的と言われています。

これに基づくと、2〜3ヶ月の間隔を置き全ての髭を生えそろわせてから脱毛するのが、最も効率の良い脱毛方法になります。

ただこれは、あくまで最も効率よく脱毛するとしたらの話で、実際はこの限りではありません。

家庭用脱毛器の照射パワーの低さを考慮すると、2週間に一度がベストなタイミングと言われています。

ただこれでも、人によってはまだ長いと感じる方もいるようです。

サロンのように回数を気にする必要はないので、極端な話肌荒れしなければどんな間隔で脱毛しても問題ありません。

ご自分の肌と相談しながら、無理のない程度に髭を脱毛するのが、家庭用脱毛器ケノンにおける最も効率の良い脱毛方法だと言えるでしょう。

毛穴を手で広げるようにしながら照射する

皮膚の下に埋もれている髭は、そのままの状態では光が反応しづらい状態です。

しかし、皮膚を手で広げてあげると、髭が皮膚の表面に近づき、光が反応しやすい状態にすることができます。

そのため、何もせず脱毛した時に比べ、皮膚を手で広げて脱毛した方が脱毛効果がぐっと上がることでしょう。

照射口を肌にピッタリ密着させることを意識する

ピッタリ密着させることを意識する

ケノンの照射口を肌に対して斜めにあててしまうと、センサーがうまく反応せず、照射できないことがあります。

それならやり直せば良いだけなのでまだ良いのですが、厄介なのは中途半端に斜めにあてた時に、中途半端に照射できてしまうことです。

しっかりと照射したつもりなのに、脱毛効果が実感できないというのが、一番厄介ですよね。

効率よく脱毛するには、照射口を肌にピッタリと密着させることを意識しましょう。

ケノンで安全かつ効果的に髭を脱毛する使い方

ケノンで安全かつ効果的に髭を脱毛する使い方

ケノンで髭を脱毛する前の準備と、効率的に脱毛するコツはもうバッチリですね!

ではいよいよ、髭を安全かつ効果的に脱毛するケノンの使い方をご紹介します。

まずは大まかな流れを見てみましょう。

  1. 重ね打ち・打ち漏れ防止で照射部位にマーキングをする
  2. ケノンのハンドピースにカートリッジを取り付ける
  3. ケノンの電源を入れる
  4. 照射レベルを調整する
  5. 付属の保冷剤でクーリングする
  6. 付属のサングラスをかけて目を保護する
  7. 髭に照射して脱毛する
  8. 再び付属の保冷剤でクーリングする
  9. ケノンの電源を切る
  10. 保湿する

一つずつ詳しい手順を見ていきましょう。

重ね打ち・打ち漏れ防止で照射部位にマーキングをする

重ね打ち・打ち漏れ防止で照射部位にマーキングをする

一人で脱毛をしていると、鏡を見ながらでもどこまで脱毛したのか分からなくなってしまいがちです。

ケノンを同じ部位に何度も重ねて照射してしまうと、その分肌への負担が大きくなり、ヤケドや肌荒れの原因となってしまいます。

逆に、「打ち漏れ」と言って隙間ができてしまうと、その部分だけ脱毛効果が得られません。

そこで、どこを脱毛するのかはっきりとさせるために、あらかじめ照射範囲を分け、マーキングするのが良いでしょう。

蛍光ペンなどすぐに落ちるものを使い、目印をつけていきましょう。

注意
黒い油性のネームペンなどを使うと、光が当たった時にヤケドの恐れがあります。薄い色の蛍光ペンなどでマーキングしましょう。

また、照射時に少し肌へ押し付けると、照射口の跡が残るので、マーキングが面倒な方は照射口の跡を利用するのも良いでしょう。

ケノンのハンドピースにカートリッジを取り付ける

ケノンのハンドピースにカートリッジを取り付ける

顔へのマーキングが終わったら、ケノンのハンドピースにカートリッジを取り付けます。

取り付けるのは押し込むだけなので、誰でも簡単にできます。

もし髭に使うカートリッジ以外のものが装着されている場合は、下の動画を参考に、カートリッジの交換を行ってください。

ケノンの電源を入れる

ケノンの電源を入れる

ケノンには、上図のように「メインスイッチ」「電源ボタン」2種類の電源があります。

コンセントにプラグを差し込んだら、まずは本体裏にある「メインスイッチ」をONにしましょう。

その後、「電源ボタン」に軽く触れると、本体が起動します。

照射レベルを調整する

照射レベルを調整する

ケノンの電源が入ったら、照射レベルの調整をします。

上図のように、本体の真ん中にある液晶を見ながら、左側の上下ボタンにてレベルを最適なものに変更してください。

付属の保冷剤でクーリングする

付属の保冷剤でクーリングする

ケノンの準備が整ったら、付属の保冷剤で肌をクーリングします。

目安としては3〜5秒ですが、10秒程度冷却することででより安全に脱毛することができます。

冬は寒いので冷却を怠りがちですが、しっかりと冷却して、炎症を予防しましょう。

付属のサングラスをかけて目を保護する

付属のサングラスをかけて目を保護する

ケノンには、付属品としてサングラスがついています。

照射時の光は、直視してしまうと目に害を与える恐れがあるので、必ずサングラスをかけてから脱毛しましょう。

なお、ケノンのハンドピースは肌にしっかりと密着させると、光が漏れない構造となっています。

サングラスとケノンの正しい使い方で、光から確実に目を保護しましょう。

髭に照射して脱毛する

髭に照射して脱毛する

クーリングしてサングラスまでかけたら、準備は万端です。

先ほどマーキングしたものに沿って、ケノンを照射していきましょう。

マーキングせず照射口の跡を利用する方は、1回1回しっかりと跡を確認しながら、脱毛を進めてください。

再び付属の保冷剤でクーリングする

再び付属の保冷剤でクーリングする

照射後はすかさず、保冷剤でクーリングします。

これも照射前と同じく3〜5秒、心配な方は10秒を目安にクーリングしましょう。

ケノンの電源を切る

ケノンの電源を切る

ケノンの電源を切るときは、電源を入れるときの逆の操作を行います。

まずは表にある「電源ボタン」に触れた後、本体裏にあるメインスイッチをOFFにしてください。

メインスイッチを押したら、コンセントからプラグを引き抜いて、収納しましょう。

保湿する

保湿する

絶対に忘れてはいけないのが、照射後の保湿です。

ケノンを照射した後の肌はダメージを受けているため、放置すると赤みや腫れが長引いたり、毛嚢炎など肌荒れが起こることもあります。

化粧水や乳液を使い、しっかりと保湿してあげましょう。

脱毛後24時間以内に注意しておくべきこと4つ

脱毛後24時間以内に注意しておくべきこと4つ

ケノンで髭を脱毛した後は肌が敏感になっているため、慎重に行動しなければすぐに肌荒れを起こしてしまいます。

ここでは、脱毛後のトラブルを避けるために、脱毛後24時間以内に注意すべきこと4つをご紹介します。

  • 照射部位に直射日光が当たらないようにする
  • 塩素処理をしたプールの利用は避ける(脱毛後48時間以内)
  • 水分をたくさん摂取する
  • 入浴・サウナは避けてシャワーのみにする

脱毛前後に気をつけなければならないことは、下の記事でより詳しく解説しているので、合わせてチェックしてみてください

日焼けだけじゃない!髭の脱毛前・当日・脱毛後における注意点まとめ日焼けだけじゃない!髭の脱毛前・当日・脱毛後における注意点まとめ

では一つずつ詳しく解説していきます。

照射部位に直射日光が当たらないようにする

照射部位に直射日光が当たらないようにする

日焼けは、肌が軽いヤケドを負っているのと同じ状態です。

ケノンの脱毛で肌が弱っているところに、さらに直射日光があたり日焼けしてしまうと、ヤケドや水ぶくれなど重症化しやすい状態となってしまいます。

照射後24時間以内には、くれぐれも直射日光に当たらないよう、気をつけましょう。

塩素処理をしたプールの利用は避ける(脱毛後48時間以内)

塩素処理をしたプールの利用は避ける(脱毛後48時間以内)

プールは不特定多数の人が利用するため、細菌の温床となっています。

ケノンで脱毛した後にプールを利用すると、ダメージを受けた肌で細菌が増殖し、肌荒れのリスクを高めるでしょう。

また、その細菌の温床の予防としてプールで用いられている消毒剤は、みなさんもご存知の「塩素」です。

塩素は漂白剤や消毒剤として使われる、強力な成分です。

もちろんプールに含まれている塩素は健常者には問題ない濃度ですが、脱毛した後の肌には刺激が強く、肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。

そのため、ケノンでの脱毛後は少し長めの48時間以内に塩素処理されたプールを利用するのは控えましょう。

水分をたくさん摂取する

水分をたくさん摂取する

脱毛後の肌はバリア機能がダメージを受けているため、とても乾燥しやすくなっています。

脱毛後に保湿するのはもちろんですが、内側からのケアも必要です。

脱水にならないよう、お酒の過剰摂取は控え、水分をたくさん摂取するようにしましょう。

入浴・サウナは避けてシャワーのみにする

入浴・サウナは避けてシャワーのみにする

入浴やサウナなどには、体を温め血行をよくする効果があります。

普段なら大いに構わないのですが、脱毛後は注意が必要です。

血行が良くなると光を照射した部位にかゆみが生じたり、腫れてくることがあります。

そのため、脱毛後24時間以内は、いつもより少しぬるめのシャワーのみで我慢しましょう。

ケノンは継続することが大事!脱毛プランを立てて計画的に髭脱毛しよう

ケノンは継続することが大事!脱毛プランを立てて計画的に髭脱毛しよう

ケノンの使い方や脱毛時の注意点は、マスターできましたでしょうか?

ケノンは青髭への効果が小さく実感しづらいため、モチベーションを長く保つのが難しい方もいるでしょう。

しかし、せっかく7万円近い金額でケノンを購入して青髭の脱毛を決心したのに、途中で諦めてしまうのはもったいないですよね。

ケノンは正しい使い方をしていれば、大小の違いはあれども、継続することで必ず効果は表れます。

カレンダーに照射日を記入するなどし、計画的・継続的に髭を脱毛していきましょう。

ケノンでの脱毛効果やメリット&デメリットについて、下の記事も要チェック!!

家庭用脱毛器ケノンケノンで青髭の脱毛は可能?脱毛効果やメリット&デメリット等まとめ

ケノンの5種類のカートリッジの特徴を詳しく知りたい方はこちら

ケノンのカートリッジは5種類!髭へのおすすめと寿命回数などまとめケノンのカートリッジは5種類!髭へのおすすめと寿命回数などまとめ