ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!

ニードル脱毛はメンズの髭に効果あり?痛みや料金など徹底解説!

出典:ビューティースキンクリニック

今ある脱毛方法の中で最も歴史のあるニードル脱毛

痛みが強いなどの理由で、最近は光脱毛や医療レーザー脱毛が主流になっていますが、ニードル脱毛には根強いファンがいるのも事実です。

そこで、今回はニードル脱毛の髭への効果痛みなどを通して、ニードル脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。

光脱毛や医療レーザー脱毛でなんだか満足できない方は、意外とニードル脱毛がピッタリかもしれませんよ^ ^

もくじ

ニードル脱毛とは?髭に最強の効果!?

ニードル脱毛とは?髭に最強の効果!?

ニードル脱毛とは、細い電気針を毛穴に差し込んで、電気で直接毛乳頭をを破壊する脱毛方法です。

1875年にアメリカで誕生し、140年以上もの歴史を持つ最古の脱毛方法と言えます。

今は医療レーザー脱毛も永久脱毛としてFDA(米国食品医薬品局)に認められていますが、少し前まではこのニードル脱毛が唯一の永久脱毛方法でした。

痛みは強いと言われていますが、その分脱毛効果は抜群で、効果だけで言うなら男性の髭に最適な脱毛方法と言えるでしょう。

美容電気脱毛と絶縁針脱毛の違いについて

美容電気脱毛と絶縁針脱毛の違いについて

ニードル脱毛には、脱毛サロンで行われる「美容電気脱毛」と、医療脱毛クリニックや皮膚科で行われる「絶縁針脱毛」の2種類があります。

違いを簡単に表で見てみましょう。

美容電気脱毛絶縁針脱毛
施術場所脱毛サロン医療脱毛クリニック
皮膚科
施術前血液検査

ひと昔前までは、美容電気脱毛では絶縁されていない電気針が、絶縁針脱毛では絶縁針が用いられていたようですが、昨今では安全性向上のため、どちらもほとんどの場合絶縁針が利用されています。

そのため、今は医療機関と脱毛サロンで呼び名が違うだけで、内容的には変わらないと思っておいて良いでしょう。

一つ注意しておきたいのは、医療機関では施術前に血液検査を行うことです。

感染症防止のためのものですが、数千円〜1万円程度追加料金が発生するので、覚えておきましょう。

非絶縁針と絶縁針の違いについて

美容電気脱毛と絶縁針脱毛の違いについて

出典:永久脱毛 | 横浜ベイクリニック

現在は、美容電気脱毛でも絶縁針脱毛でも絶縁針が用いられていると述べましたが、絶縁されていると一体どのような違いがあるのか、表にまとめました。

非絶縁針絶縁針
脱毛効果低い高い
術後の肌荒れ非常に多い少ない
ヤケドのリスク高い低い
施術時間長い短い

針の先端以外が絶縁されていないと、上図の左側のように、毛乳頭以外の部分にも通電してしまい、ヤケドや肌荒れのリスクが高まります。

それを防ぐために、低出力での施術が基本になるため、時間がかかる上に脱毛効果も低くなってしまうのです。

一方絶縁針は、上図の右側のように先端以外の部分が絶縁されているので、肌へのダメージを最小限に抑え、効率よく脱毛できるように改良されています。

ニードル脱毛は、従来の電気針のせいで「痛くてダメージが大きい」イメージが根付いてしまっていますが、今の脱毛方法は従来のものとは全くの別物と考えておくのが良いでしょう。

ニードル脱毛で髭が抜ける仕組みを3つの種類ごとに解説

ニードル脱毛で髭が抜ける仕組みを3つの種類ごとに解説

ニードル脱毛には、上でご紹介した針の違いの他に、「電気分解法」「高周波法」「ブレンド法」3種類の脱毛方法の違いがあります。

それぞれ、どのような仕組みで髭が抜けるのか、簡単に見てみましょう。

電気分解法

電気分解法とは、毛包(毛穴)の中で電気分解を起こし、発生した水酸化ナトリウムの力で発毛組織を処理する方法です。

毛質を選ばないので濃い髭でも処理が可能ですが、1本あたりの通電時間は60〜80秒と非常に長いため、最近では用いられなくなりました。

ちなみに...
1本あたり70秒で髭の平均本数25,000本すべての処理時間を計算すると、24時間脱毛し続けて、約20日間かかる計算になります。

高周波法(フラッシュ法)

高周波法は、高周波で発毛組織を加熱処理し、凝固させる脱毛方法です。

通電時間は0.1〜0.2秒となっており、毛抜きで引き抜く作業を入れても、1分間で10本から20本と処理が早いのが特徴です。

どんな毛質でも脱毛でき、現在主流の脱毛方法となっています。

ブレンド法

ブレンド法は、電気分解法と高周波法の両方を取り入れた脱毛方法です。

水酸化ナトリウムのアルカリと高周波の熱の相乗効果で、発毛組織を処理します。

1本あたりの処理時間は3〜20秒と若干長めなので、あまり人気がなく最近はあまり用いられなくなっています。

ニードル脱毛での髭脱毛のメリット6つ

ニードル脱毛での髭脱毛のメリット6つニードル脱毛での髭脱毛のメリットを6つご紹介します。

ニードル脱毛での髭脱毛のメリット6つ
  • 髭への脱毛効果が非常に高く永久脱毛が可能!
  • 日焼け肌やシミ・ほくろのある肌も脱毛できる!
  • 白髪や産毛程度の髭も脱毛できる!
  • 毛周期に関係なく脱毛できる!
  • 1本単位の細かい髭デザインができる!
  • 施術前に髭を剃る必要がない!

一つずつ詳しく解説していきますね。

髭への脱毛効果が非常に高く永久脱毛が可能!

髭への脱毛効果が非常に高く永久脱毛が可能!

ニードル脱毛は、医療レーザー脱毛とともに永久脱毛効果が認められている脱毛方法です。

光脱毛や医療レーザー脱毛のように、髭の深さや濃さに左右されることもなく、1本1本確実に処理することができます。

ニードル脱毛では「打ち漏れ」のような現象も起きず、施術をすればその場で脱毛効果を実感することができるのも魅力の一つですね。

そのため、髭への脱毛効果は光脱毛や医療レーザー脱毛よりも遥かに上と言って良いでしょう。

日焼け肌やシミ・ほくろのある肌も脱毛できる!

日焼け肌やシミ・ほくろのある肌も脱毛できる!

光脱毛や医療レーザー脱毛は、髭のメラニン色素(黒色の色素)に反応することで脱毛します。

そのため、日焼け肌やシミ・ほくろなど肌が黒ずんでいる場合、ヤケドのリスクがあり施術できないことが多いですよね。

しかし、ニードル脱毛の施術はメラニン色素と一切関係ないので、日焼けやシミ・ほくろのある部位でも気兼ねなく脱毛することができるでしょう。

白髪や産毛程度の髭も脱毛できる!

白髪や産毛程度の髭も脱毛できる!

白髪や産毛程度の髭は、メラニン色素がほとんど含まれていないため、光やレーザーはほぼ反応させられません。

しかし、前述の通りニードル脱毛はメラニン色素を介さない脱毛方法なので、白髪や産毛程度の髭でも問題なく脱毛することができます。

髭は30代になると白髪が増え始めると言われていますが、ニードル脱毛なら焦る必要もありませんね。

毛周期に関係なく脱毛できる!

髭脱毛の間隔を決める毛周期とは

出典:医療レーザー脱毛の仕組み | 医療脱毛の美容皮膚科横浜マリアクリニック

髭には、毛周期と呼ばれる成長のサイクルがあります。

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」3つの期間に分かれており、このうち脱毛効果があるのは、毛乳頭と毛幹がしっかりくっついている「成長期」の髭だけだと言われています。

そのため、光脱毛や医療レーザー脱毛では1〜3ヶ月程度、間隔を空けなければなりません。

しかし、ニードル脱毛は髭を通して熱を伝えるわけではないため、毛乳頭と毛幹がくっついている必要はありません。

つまり、全く髭が生えていない状態(休止期)以外なら、髭を脱毛することができるのです。

髭が生えてきたら脱毛、また生えてきたら脱毛という流れでできるため、とても分かりやすいですよね。

髭の毛周期について詳しく知りたい方はこちら

髭脱毛の間隔は毛周期で決まる?脱毛法ごとにベストな間隔をご紹介!髭脱毛の間隔は毛周期で決まる?脱毛法ごとにベストな間隔をご紹介!

1本単位の細かい髭デザインができる!

1本単位の細かい髭デザインができる!

光脱毛や医療レーザー脱毛の脱毛機は、照射口が四角形や円形になっており、1回の照射で数十本〜数百本の髭にアプローチするのが基本です。

照射口が小さい「ジェントルヤグ」という医療レーザー脱毛機の、最小サイズのスポットでも、2〜3本程度は同時に照射してしまいます。

しかし、ニードル脱毛は人の手で1本1本処理するため、こだわり抜いた細かいデザインでも、問題なく脱毛することができます。

1本単位で調節したいオシャレ髭メンズには、とてもおすすめできる脱毛方法と言えます。

施術前に髭を剃る必要がない!

施術前に髭を剃る必要がない!

光脱毛や医療レーザー脱毛では、レーザーの過反応によるヤケドなどを防止するため、施術前には髭を剃って行かなければなりません。

しかし、ニードル脱毛は髭が伸びていてもヤケドのリスクは高まらないので、施術前の髭剃りは不要です。

剃り忘れにより、無駄に剃毛料などが発生する恐れもないので、何も気にせず気軽に脱毛することができるでしょう。

ニードル脱毛での髭脱毛のデメリット7つ

ニードル脱毛での髭脱毛のデメリット7つ

ここまでニードル脱毛で髭を脱毛するメリットを見てきましたが、メリットがあれば当然デメリットもあります。

ここでは、ニードル脱毛で髭を脱毛するデメリット7つご紹介します。

ニードル脱毛での髭脱毛のデメリット7つ
  • 永久脱毛のため将来後悔する恐れがある
  • 麻酔をしても施術時の痛みがかなり強い
  • 術後は赤みや毛嚢炎などの肌荒れが起きやすい
  • 施術当日は2〜3㎜髭の長さが必要
  • 施術時間が長く予約を取りづらい
  • 料金が本数や時間に比例して費用が高額になる
  • ニードル脱毛を導入しているクリニック・サロンが少ない

では一つずつ詳しく解説していきますね。

永久脱毛のため将来後悔する恐れがある

永久脱毛のため将来後悔する恐れがある

永久脱毛の定義は、「髭の永久脱毛は本当に一生生えてこない?永久脱毛の定義とは」で解説している通り、永久に生えてこなくなるわけではありません。

しかし、それに限りなく等しい状態であることは確かです。

今は髭に悩んでいるため良いかもしれませんが、将来何かしらの理由により髭が欲しくなることも、考えられなくはありませんよね。

そんな髭の脱毛で後悔した方の体験談や、対策方法をまとめた記事を下にご紹介しておくので、ぜひ参考にしてみてください。

髭脱毛は後悔する!?実際の体験談と後悔しないための対策方法7つ髭脱毛は後悔する!?実際の体験談と後悔しないための対策方法7つ

麻酔をしても施術時の痛みがかなり強い

麻酔をしても施術時の痛みがかなり強い

ニードル脱毛は、従来の非絶縁針の時代に比べたら痛みは軽減されていますが、光脱毛や医療レーザー脱毛とは比べ物にならないくらい痛いと言われています。

医療脱毛クリニックや皮膚科などの医療機関で行う場合、麻酔を利用することもできますが、それでも汗ばむほど痛いと言われており、痛みに敏感な方には拷問のように感じられることもあるでしょう。

術後は赤みや毛嚢炎などの肌荒れが起きやすい

術後は赤みや毛嚢炎などの肌荒れが起きやすい

光脱毛やSHR方式の医療レーザー脱毛などでは、術後の赤みや毛嚢炎はほぼなく、直後に予定が入っていても周りに悟られることがないほどに、肌荒れが少なくなっています。

一方ニードル脱毛では、どうしても肌へのダメージが大きく、術後は赤みや毛嚢炎などの肌荒れが起きてしまいます。

医療機関では薬の処方などその後の処置も行えますが、脱毛サロンのニードル脱毛では薬ももらえないので、肌荒れが心配な方は要注意です。

施術当日は2〜3㎜髭の長さが必要

施術当日は2〜3㎜髭の長さが必要

施術前に髭を剃る必要がない!」では、ニードル脱毛は施術前の髭剃りが不要だとお話ししましたね。

でも実は、施術時に髭をピンセットで引き抜く作業があるため、髭剃りが不要どころか2〜3㎜は伸ばしていかなければなりません。

髭が伸びていても気にならない方には、上でご紹介したようにメリットになりますが、少しでもザラつくと気になる方にとっては、とても不快に感じることがあるでしょう。

施術時間が長く予約を取りづらい

施術時間が長く予約を取りづらい

ニードル脱毛は、人が1本1本処理していくため、どうしても光脱毛や医療レーザー脱毛より施術時間が長くなります。

そのため、1日のスケジュールの中でも大きく幅を取り、他の予定がある日には予約を入れることができなくなります。

毎日忙しく、ちょっとした合間に脱毛したい方には、ニードル脱毛は向いていないと言えるでしょう。

他の脱毛方法を探す

光脱毛は青髭に効果なし?仕組みとメリット&デメリットを徹底解説!光脱毛は青髭に効果なし?仕組みとメリット&デメリットを徹底解説! メンズの髭には医療レーザー脱毛が最適!仕組みや特徴を徹底解説!メンズの髭には医療レーザー脱毛が最適!仕組みや特徴を徹底解説!

料金が本数や時間に比例して費用が高額になる

料金が本数や時間に比例して費用が高額になる

ニードル脱毛の料金は、「1本○○円」「15分○○円」というように本数や時間で決められています。

そのため、「髭脱毛の費用を料金相場から徹底調査!コスパ最強の脱毛方法はこれ!」で詳しく解説していますが、ニードル脱毛のトータル料金相場は、約135万円と非常に高額になります。

相当予算が無ければ、ニードル脱毛だけでツルツルを目指すのは困難でしょう。

ニードル脱毛を導入しているクリニック・サロンが少ない

ニードル脱毛を導入しているクリニック・サロンが少ない

ニードル脱毛は今ではあまり人気のない脱毛方法なので、光脱毛や医療レーザー脱毛と比べて、クリニック・サロンも少ないです。

そのため、自宅付近になく通えない方も多いでしょう。

ニードル脱毛での髭脱毛はこんな人におすすめ!

ゴリラクリニックの髭脱毛はこんな人におすすめ!

ここまでニードル脱毛での髭脱毛のメリットとデメリットを見てきて、私がぜひ髭のニードル脱毛をおすすめしたい人を、以下にご紹介します。

ニードル脱毛での髭脱毛はこんな人におすすめ!
  • 将来後悔しない自信があり確実に髭を永久脱毛したい人
  • 日焼け肌やシミ・ほくろのある部位の脱毛がしたい人
  • 光脱毛や医療レーザー脱毛で残った白髪や産毛を脱毛したい人
  • 毛周期に関係なく自由に脱毛したい人
  • 髭のデザインを1本単位で調節したい人
  • 痛みにある程度耐性のある人
  • 予算や時間に余裕のある人
  • 無理なく通える範囲にクリニック・サロンがある人

あなたはいくつ当てはまりましたか?

もし3つ以上当てはまるのなら、あなたとニードル脱毛の相性はバッチリです!

そんなあなたは、ぜひ下の人気脱毛サロンものぞいてみてくださいね。

髭のニードル脱毛が受けられる人気脱毛サロンをご紹介

髭のニードル脱毛で特に人気のある脱毛サロンを、2つご紹介します。

どちらも無料カウンセリング体験脱毛を行っているので、興味のある方はぜひカウンセリングだけでも受けてみてくださいね!

メンズエステティック MEN’S TBC

メンズエステティック MEN’S TBC

施術方法美容電気脱毛(ニードル脱毛)
脱毛機数3台(自分で選択可)
店舗数全国34店舗
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛可
白髪・産毛脱毛可
美肌効果無し
デザイン髭細かく脱毛可

※表は横にスクロールできます。
※料金は2018年5月現在のもので、全て税込価格です。

料金プランビジター価格
(入会金なし)
メンバー価格
(入会金12,960円+
入会事務手数料
3,240円が必要)
Hi-エピ143円/本119円/本
イオシスエピ-M130円/本108円/本
Point
初めての方限定!たったの1,000円で150本脱毛+カウンセリング!!

ダンディハウス

ダンディハウス

施術方法美容電気脱毛(ニードル脱毛)・一部光脱毛
脱毛機数3台(自分で選択可)
店舗数全国56店舗(国外4店舗)
カウンセリング無料
日焼け肌脱毛可
白髪・産毛脱毛可
美肌効果無し
デザイン髭細かく脱毛可
料金はカウンセリング時の毛量により、完全オーダーメイド制
Point
初回限定!5,000円でお得に体験脱毛!!

髭のニードル脱毛でよくある質問(Q&A)3つ

Q.ニードル脱毛は永久脱毛だから医療行為では?サロンでの施術は違法?

ニードル脱毛は永久脱毛だから医療行為では?サロンでの施術は違法?

A.ニードル脱毛は永久脱毛であり、医療行為です。しかし、特例により一部の脱毛サロンでは扱われています。

ニードル脱毛は、厚生労働省が出した通達の中で、「医業」とされています。

医業は、医師法の第17条で『医師でなければ、医業をなしてはならない。』とされているので、脱毛サロンでのニードル脱毛も以前は違法とされていました。

しかし、平成9年の国会答弁の小泉元首相の発言により、「自主的な技術の向上を行い、健康被害も報告されていない脱毛サロンは、取締の対象とはならない」という結論に至りました。

現在ニードル脱毛を行っている大手脱毛サロンは、社内資格や研修がとても充実しているので、違法性は無いと言えるでしょう。

注意
個人経営の脱毛サロンでは、違法性の高いニードル脱毛を行っている可能性もあります。はっきりとしない場合は、契約しないように注意しましょう。

ニードル脱毛の違法性について詳しく知りたい方は、下の記事も参考にしてみてください

髭の永久脱毛は本当に一生生えてこない?永久脱毛の定義とは髭の永久脱毛は本当に一生生えてこない?永久脱毛の定義とは

Q.タトゥー・刺青が入っていても脱毛できる?

タトゥー・刺青が入っていても脱毛できる?

A.脱毛できます。

タトゥー・刺青は黒いため、メラニン色素への反応を利用する光脱毛や医療レーザー脱毛では、脱毛することができませんよね。

しかし、ニードル脱毛はメラニン色素と関係なく脱毛できるため、タトゥー・刺青があっても問題なく脱毛することができます。

Q.何回くらい脱毛すればツルツルになる?

何回くらい脱毛すればツルツルになる?

A.回数は個人差に大きく依存します。

ニードル脱毛の料金形態は、本数や時間ごとだと前述しましたね。

そのため、光脱毛や医療レーザー脱毛のように、1回の施術で脱毛する範囲が決まっているわけではなく、決まった本数または決まった時間の施術となります。

つまり、1回の施術あたりの本数を多くすれば回数は減り、少なくすれば回数は増えます。
また、1回の施術あたりの時間を長くすれば回数は減り、少なくすれば回数は増えます。

髭の本数も2万〜3万本とかなり個人差があるので、ニードル脱毛の回数は人それぞれと言えるでしょう。

ざっくりとした目安であれば、「髭の脱毛は長丁場!始める前に絶対に知っておくべき【回数と期間】」でご紹介している通り、5回〜40回程度に収まることが多いでしょう。

まとめ:光脱毛や医療レーザー脱毛の仕上げにニードル脱毛がおすすめ!

光脱毛や医療レーザー脱毛の仕上げにニードル脱毛がおすすめ!

ニードル脱毛は脱毛効果が高く、毛質や肌質にも一切左右されないのが魅力的でしたね。

ただし、圧倒的な料金の高さや時間のかかり方など、少しクセのある脱毛方法です。

そのため、最初から全ての髭をニードル脱毛するのではなく、光脱毛や医療レーザー脱毛で残った髭に利用するのが、最も効率的だと言えるでしょう。

ニードル脱毛を上手に利用して、少しでも理想の自分に近づけると良いですね。

光脱毛・医療レーザー脱毛のおすすめランキングを見てみる

髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!髭脱毛おすすめランキング2018!クリニック&サロンを徹底比較!