鼻毛のワックス脱毛は今すぐSTOP!安全に処理するオススメ方法2つ!

鼻毛に脱毛ワックスはNG!安全に処理するオススメ方法2つ!

鼻毛の脱毛ワックス、流行りに流行っていますよね〜。

有名Youtuberのヒカキンをはじめ、女性Youtuberまで鼻毛を脱毛して見せるという、異様なブームを巻き起こしています。

最近では、半年前に現役を引退した将棋士、加藤一二三 九段(愛称:ひふみん)も鼻毛脱毛をされたようです。

その時の映像がこちら

めちゃめちゃ綺麗になっていますよね!

しかし、人の体毛のほとんどは、何かしら意味があって生えていると言われています。

その鼻毛をみなさんスポスポ脱毛してしまっていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

今回は鼻毛の役割と脱毛ワックスのメリット&デメリット、鼻毛処理にオススメな方法まで、鼻毛との上手な付き合い方について見ていきましょう。

鼻毛には想像以上の役割が!絶対に欠かせない3つの役割

鼻毛には想像以上の役割が!絶対に欠かせない3つの役割

鼻毛は男女ともに、少し見えるだけで一気に品格が落ちる、厄介な毛ですよね。

顔の中心にあるので特に目立ち、せっかくの素敵な笑顔も台無しとなってしまいます。

そんな鼻毛ですが、ヒトが生きていく上で欠かせない、とても大事な役割を担っていることがわかりました。

その役割をリストアップしたものが、こちらです。

  • 集塵や細菌の体内への侵入を防ぐ
  • 吸い込む空気の湿度と温度を最適な状態に保つ
  • 匂いを感知する

一つずつ見ていきましょう。

1.集塵や細菌の体内への侵入を防ぐ

人が呼吸するのは、口と鼻の二つですよね。

しかし、口呼吸は良くないという話を聞いたことはありませんか?

その理由の一つが、ホコリや細菌、小さな虫などが体内へ入ってしまうことです。

鼻は呼吸時に最初に通過する地点であり、その中に生えている鼻毛は様々な異物を除去するフィルターの役割をしています。

鼻呼吸をしなければフィルターを通らないので、当然異物が体内へ入ってしまうわけです。

だから鼻呼吸が推奨されているのですね。

このフィルターが無ければ体の中は異物だらけになってしまうので、かなり重要な役割を果たしていると言えます。

2.吸い込む空気の湿度と温度を最適な状態に保つ

毛の役割の一つに、湿度や温度を保つといったものがあります。

あなたは冬の散髪時に、頭が冷える経験をしたことはありませんか?

これは、髪の毛には頭皮と外気との間に、暖かい空気の層を作る役割があるからです。

散髪したことにより空気の層が薄くなり、頭が冷えるというわけです。

また、脇毛やデリケートゾーンなど、夏場に蒸れる部位ってありますよね。

これも、その部位に生えている毛が湿度を保っているからなんです。

これらと同様に、鼻毛も鼻の中の湿度と温度を最適な状態に保ち、そこを通る空気にも適度な湿度と温度を補う役割をします。

これにより、冷たく乾いた空気を体内へ入れるのを防いでくれているのです。

3.匂いを感知する

鼻が匂いを感じ取る仕組みをご存知ですか?

実は、鼻毛の一種である「嗅毛(きゅうもう)」という毛が大きく関与していることが分かっています。

鼻腔(鼻の穴の中)内の奥の方には、嗅上皮(きゅうじょうひ)と呼ばれる粘膜があります。

匂いは、この粘膜へ匂いの分子が溶け込むことで、感知されると言われています。

この嗅上皮には、嗅毛と呼ばれる匂いセンサーの毛がたくさん生えており、匂いに反応する嗅毛の組み合わせで、匂いを嗅ぎ分けているのです。

つまり、この鼻毛の一種である嗅毛は、人の嗅覚に大きく貢献しているということになります。

鼻毛が伸びやすい生活習慣とは?

喫煙している

鼻毛には大事な役割があることが分かりましたね。

でもそんな役割が負の方向に働き、鼻毛が伸びるスピードを速めてしまうことがあるんです。

では具体的にどんな生活習慣が鼻毛を伸ばすのか、見ていきましょう。

空気が乾燥した環境で過ごしている

鼻毛は、体内に取り入れる空気を加湿したり、鼻の粘膜を保湿する役割があると前述しましたね。

空気が乾燥している場所で過ごしていると、鼻毛は上記の役割を維持するために、伸びて体を守ろうとします。

  • 乾燥した風にさらされている時間が長い人
  • 冬場のエアコンをかけっぱなしの室内にいる人

などは、特に要注意です!

マスクをしたり加湿器を設けるなど、鼻毛の伸びが早まらない対策を打ちたいところです。

ホコリっぽく空気が悪い環境で過ごしている

鼻毛にはホコリや細菌を防ぐフィルターの役割があるんでしたね。

もし空気の悪いところに長時間いた場合、鼻毛はよりホコリを防ごうと、伸びるのを早めます。

  • 工場など空気の汚い場所で働いている人
  • 海や砂丘の近くなど、砂が舞う場所に住んでいる人
  • 大通りや高速道路付近など、排気ガスの多い場所に住んでいる人

などは、鼻毛が伸びやすい体質になってしまうかもしれません。

鼻毛のために転職や移住はなかなか難しいと思うので、マスクをつけ鼻うがいを頻繁にするなど、対策をとると良いでしょう。

喫煙している

これも上の空気が汚い部類になりますね。

タバコには200種類以上の有害物質、50種類以上の発がん性物質が含まれていると言われています。

そんな煙を吸い込むわけですから、鼻毛が伸びやすくなるのは当然ですよね。

  • 自ら喫煙している人
  • 身近に喫煙者がいる人

などは、早めに禁煙・喫煙者から離れるなどの対策を取るのが良いでしょう。

禁煙を目指す方にオススメです
香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー

鼻毛のワックス脱毛はどんな処理方法?

脱毛ワックスで脱毛する

鼻毛はその性質から、伸びやすくなってしまう方もいることが分かりました。

ただでさえも厄介な鼻毛が、伸びやすくなったら厄介さが倍増すること間違いないでしょう。

このことから、鼻毛の脱毛に踏み切る人が増えていると考えられます。

では、多くの人がこぞってやっているワックス脱毛とは、一体どのようなものなのか、解説していきます。

脱毛ワックスで無理やり引き抜く!

ワックス脱毛とは、専用のワックスに毛を絡め、固まったところで引っ張り抜くという脱毛法です。

その無理やりなやり方から、顔(髭や眉毛など)には適していないとされており、主にすね毛や腕毛などに用いられる方法です。

しかし鼻毛には鼻毛専用の脱毛ワックスが存在し、ドン・キホーテやマツモトキヨシなど近場で入手することができます。

その入手のしやすさや脱毛の簡単さから、大人気となっている方法なのです。

鼻毛をワックス脱毛した人の体験談

鼻毛をワックス脱毛した人の体験談

「無理やり抜く」と表現しましたが、「痛くないの?」「本当にそんな事して大丈夫なの?」など、疑問に感じる方もいるでしょう。

そこで、実際に鼻毛のワックス脱毛をした人の体験談をご紹介します。

中には痛くないという声もありましたが、基本的にはかなり痛いようですね。

しかしその痛みの反面、すっきりとした感覚を味わえ、毎月鼻毛の脱毛をしている人もいるようです。

もはや普通に日常に溶け込んでいる鼻毛脱毛ですが、本当にそんなことをして大丈夫なのでしょうか?

次章では、鼻毛をワックス脱毛するメリットとデメリットをご紹介します。

鼻毛をワックス脱毛するメリット

メリット

鼻毛をワックス脱毛すると、以下のようなメリットが考えられます。

  • 鼻がスースーして鼻通りが良くなる
  • 鼻毛がちろっと出てくることがなくなる
  • 自宅で簡単に鼻毛処理できる

鼻毛が無くなれば、当然はみ出してくることはありませんし、その分鼻通りも良くなりますよね。

これは上でご紹介した体験談でも、みなさん実感していることのようです。

また、ワックスを使った脱毛なら、サロンやクリニックなどに通う必要がありません。

近場のドラッグストアなどで手に入り、取説に従って使えば何も難しいことはありません。

一言で表すと、簡単に鼻毛をスッキリさせられるのが鼻毛のワックス脱毛のメリットだと言えるでしょう。

鼻毛をワックス脱毛するデメリット

デメリット

一方鼻毛のワックス脱毛には、以下のようなデメリットがあります。

  • 集塵や小さな虫などが入りたい放題になり塵肺(じんぱい)のリスクを高める
  • 鼻水や鼻血が垂れ流しになる
  • 細菌が入り風邪を引きやすくなる
  • 花粉が入り花粉症になる、または悪化させる
  • 皮膚の炎症・粘膜組織の破壊につながる
  • 埋没毛(埋もれ毛)になる
  • 痛い

数が多いので一つずつ見ていきましょう。

集塵や小さな虫などが入りたい放題になり塵肺(じんぱい)のリスクを高める

鼻毛がなくなると、空気中に舞っている集塵や小さな虫が、息を吸い込むと同時に体内へ入ってきてしまいます。

吸い込んだ息は、ちょうど胸のあたりに位置する臓器、肺に溜まります。

つまり、集塵や虫も一緒に肺に入ることになります。

大量の集塵や虫を長期間に渡って肺に吸引すると、肺の繊維が増殖します。

すると、息切れや呼吸困難を引き起こす、塵肺(じんぱい)という病気に発展することも考えられるのです。

最悪死亡するケースもあるので、特に集塵がすごい工場で働いていたり、砂埃のすごい地域にお住いの方は、注意しなければならないデメリットです。

鼻水や鼻血が垂れ流しになる

鼻毛を脱毛すると、今まで鼻水や鼻血を止めてくれていたストッパーが無くなってしまいます。

鼻毛があった頃はちょっとムズムズしたら鼻をすすれば良かったものの、無くなると間に合いません。

風邪や鼻炎、花粉症などの方は壊れた蛇口のように、ノンストップの鼻水に苦しむことでしょう。

細菌が入り風邪を引きやすくなる

集塵や小さな虫などの他に、当然細菌も体内へ入りやすくなります。

風邪くらいならまだ良いかもしれませんが、重大な感染症のリスクも高めてしまうことでしょう。

花粉が入り花粉症になる、または悪化させる

花粉症は、あらかじめ体内に花粉を許容する器が用意されており、それがいっぱいになり溢れ出ると発症すると言われています。

その器の大きさは人それぞれで子供の頃に発症する方もいれば、大人になっても全然平気な方もいます。

しかし、鼻毛が花粉の吸入量を減らしてくれているのは間違いありません。

よって、鼻毛を脱毛すれば今まで全然平気だった花粉症を発症したり、さらに悪化させることになるかもしれません。

皮膚の炎症・粘膜組織の破壊につながる

鼻の中の環境は、鼻毛によって保たれていると言っても過言ではありません。

しかし、ワックス脱毛では鼻の粘膜まで一緒に剥がしてしまうこともあります。

鼻毛の脱毛により粘膜組織が破壊されれば、鼻の中でたくさんの炎症が起きることも考えられるのです。

埋没毛(埋もれ毛)になる

埋没毛(埋もれ毛)とは、何らかの理由で毛が皮膚の表面に出てこられず、皮膚の下で成長を続ける症状のことです。

毛抜きで処理しているとよく見られるもので、見た目を悪くする他、炎症を起こす原因ともなります。

鼻の中でも当然同じことが言え、鼻毛が埋没毛になってしまうこともあるかもしれません。

埋没毛について詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

埋没毛埋没毛(埋もれ毛)の放置は危険!4大原因と5つの治し方・予防対策

痛い

上でご紹介した体験談でもあるように、鼻毛のワックス脱毛はとにかく痛いです。

すね毛など普通の肌から生えている毛を抜いても痛いのに、それが粘膜からとなれば想像するのも怖いほどです。

そんな痛い思いを毎月しなければ綺麗な状態を維持できないというのは、デメリットの一つですよね。

鼻毛の自己処理には死の危険も!?

以前鼻毛脱毛が危険はデマ!メンズ鼻毛の安全な医療脱毛クリニック26選でご紹介しましたが、顔には「Danger triangle of the face(直訳:顔の危険三角形)」と呼ばれる危険なエリアが存在します。

このエリア内には脳につながっている血管が多数あるため、もし細菌が侵入した場合それが脳に達し、死に至る恐れもあるというものです。

鼻毛をスッキリさせたいがために死んでしまっては、元も子もないですよね。

鼻毛処理にオススメな方法2つ

鼻毛処理にオススメな方法2つ

鼻毛をワックス脱毛する危険性は十分にお分かりいただけたと思います。

そこで、安全に鼻毛を処理する2つの方法をご紹介します。

鼻毛カッター

鼻毛カッター

一つめは、鼻毛カッターです。

メリットとデメリットを見てみましょう。

鼻毛カッターのメリット
  • 奥までカットせず、浅いところだけを処理してくれる
  • 刃がむき出しではないので、鼻の中を傷つけるリスクが小さい
  • 自宅での処理が可能で、簡単である
  • コンパクトでデザインもスタイリッシュなので、持ち運びしやすい
  • 価格が2,000円弱と、手が出しやすい

鼻毛カッターは比較的安全で自宅で簡単に処理することができるので、オススメです。

また、価格が2,000円しないくらいで売っているので、学生でも手が出しやすいのが特徴です。

では続いてデメリットも見てみましょう。

鼻毛カッターのデメリット
  • 定期的な充電または電池の交換が必要
  • 毛が引っ張られて傷になるなど、細菌が侵入するリスクがゼロではない

電動式なので、使いたい時に充電が切れていたり、電池が無かったりすることもあるでしょう。

鼻毛をカットするのはデートの前や、取引先との大事な打ち合わせなど、急に必要になることもあると思います。

そんな時に使えないこともあるのは、デメリットの一つとして考えておくべきだと思います。

また、カット中に毛が引っ張れて傷ついてしまうことで、そこから細菌が侵入することも考えられなくはありません。

以上のことから、鼻毛カッターはこんな方にオススメです!

  • 何よりも、まずは値段と手軽さ重視
  • 身内に鼻毛処理をしていることをバレたくない
  • 充電や電池の補充など、抜かりなくする自身がある

【当サイトオススメ鼻毛カッター】

医療脱毛

医療脱毛

2つ目は、医療脱毛です。

同じようにメリットとデメリットから見て行きましょう。

医療脱毛のメリット
  • 永久脱毛が完了すればその状態が維持される(以後処理の必要がなくなる)
  • 自分で処理する必要がない
  • 医師の施術なので安心
  • 奥の方は残し、手前の毛だけを脱毛してくれる

医療脱毛の最大のメリットは、何と言っても永久脱毛ができるところでしょう。

鼻の入り口の安全な部分だけを永久脱毛すれば、その後処理に追われることはありません。

毎月ワックス脱毛しなくて済むのです!

それに、専門の医師が脱毛してくれるので、細菌感染の心配はほぼありません。

万が一トラブルがあっても、医療機関ならその場で治療を受けることができる(無料のクリニックが多い)ので、安心して脱毛できるのがメリットだと言えます。

では引き続きデメリットを見てみましょう。

医療脱毛のデメリット
  • 何回か通院する必要がある
  • 自己処理に比べて料金が高い
  • 痛い

鼻毛の脱毛も他の部位同様に毛周期(毛の生えるサイクル)があり、1回の脱毛では完了しません。

なので2、3ヶ月に一度、医療脱毛クリニックに通院する必要が出てくるでしょう。

また、自己処理に比べて料金が高いとありますが、これは短期間で見たときの話です。

例えば、20歳の男性が2,000円の鼻毛カッターを購入したとしましょう。
2年に1回故障やモデルチェンジなどで買い替えながら、80歳まで使用した場合、合計で6万円かかることになります。

一方医療脱毛を有名な医療脱毛クリニックの「ゴリラクリニック」で行う場合、6回コースで23,000円しかかかりません。

鼻毛カッターの電池の費用や、80歳よりも長く処理し続けることを考えたら、この差はさらに開くことでしょう。

その場その場では鼻毛カッターの方が断然安く感じますが、実は脱毛してしまった方が安く済むのです。
なのでデメリットとは言えないかもしれませんね^ ^;

最後のデメリットである「痛い」のは、まぎれもない事実です。

ただし、医療脱毛の場合麻酔で痛みを軽減することができます。

ワックス脱毛ではどうにもなりませんが、医療脱毛の場合痛みも和らげることができるのです!

脱毛の痛みについて詳しく知りたい方はこちら

髭の脱毛はどのくらい痛い?7つの心得で痛くない脱毛を目指そう!髭の脱毛はどのくらい痛い?7つの心得で痛くない脱毛を目指そう!

以上のことから、医療脱毛はこんな方にオススメです!

  • とにかく安全性重視
  • 鼻毛の処理に追われずにスッキリしたい

鼻毛は脱毛ワックスではなく、絶対にカッターか医療脱毛で処理するべし!

鼻毛は脱毛ワックスではなく、絶対にカッターか医療脱毛で処理するべし!

脱毛ワックスによる鼻毛脱毛は、様々なリスクがありましたよね!

そのリスクを回避しつつも鼻毛をスッキリさせるには、鼻毛カッターか医療脱毛の2択しか残されていません。

さらに言うと、本当にオススメできるのは医療脱毛のみです。

安全性とコスパ、手間のかからなさで言ったら鼻毛カッターよりも、医療脱毛となります。

下の記事では男性の鼻毛を安全に脱毛できるクリニックを26個ご紹介しているので、ご興味がある方はぜひ覗いて見てください!

鼻毛脱毛が危険はデマ!メンズ鼻毛の安全な医療脱毛クリニック26選鼻毛脱毛が危険はデマ!メンズ鼻毛の安全な医療脱毛クリニック26選